AGC株主総会で宣伝行動!

 

株主総会に合わせて韓国・亀尾のAGC工場前のろう城場では旭非正規職支会の同時連帯行動が行われた。組合員から送られてきた連帯の写真。

 2021年3月30日、AGC第96回定時株主総会が東京會舘で開催された。

 韓国の旭非正規職支会の来日は去年に引き続いて、新型コロナウイルス感染拡大を受けて実現できなかったが、彼らの分もがんばろうと35人の会員が集まってくれた。

 株主の共感や反発など、手ごたえは十分。

 韓国のチャ・ホノ支会長とオンラインでつないで、マイクを近づけてアピールをもらった。株主総会に合わせて韓国・亀尾のAGC工場前のろう城場では旭非正規職支会の同時連帯行動が行われ、連帯のメッセージと写真が送られてきた。

 午後は厚生労働省記者会見室で記者会見を開いた。多くはないが、集まった記者に話を聞いてもらったことは重要だ。あらゆる手を尽くして、AGC旭硝子の蛮行を暴き出していかなければならない。

3・30AGC株主総会での旭非正規職支会チャボノ支会長発言

同志の皆さんおはようございます。金属労組旭非正規職支会支会長チャホノです。

トゥジエン(闘争)で挨拶します。トゥジエン(闘争)!

AGC株主総会の現場で宣伝戦を行っている同志の皆さん、本当にありがとうございます。私たちが直接日本の株主総会に参加することができず、本当に残念です。しかし同志たちがいるので幸いです。そして大きな力になります。ありがとうございます。

AGCの株式を持っている株主の皆さんに伝えます。AGCは韓国で不法行為を行っています。2004年に韓国に入って来たAGCは、非正規職労働者たちが労働組合を作った途端178名の大量解雇を行いました。法律で保障されている労働組合を破壊するために集団解雇を行いました。これは不法です。

また、韓国では法律で製造業への派遣を禁じています。しかしAGCは生産工場に不法に労働者たちを派遣し、法律に違反しました。韓国の労働部は、AGCの不法行為を認定しました。

韓国労働部はAGCに対し、解雇した労働者たちを直接雇用しなさいという命令まで出しました。そして17億8干万ウォンの過料を科しました。しかしAGCは韓国労働部のどんな命令にも従わずにいます。

AGC不法派遣で検察に起訴され、裁判も受けています。AGCは韓国の裁判所から必ず制裁を受けます。今後数カ月後に裁判結果が出ます。

納得のいかない中で解雇された私たち非正規職労働者は、AGCを相手にに7年目の闘いを続けています。先日AGCは、解雇した労働者に対する立場を伝えて来ました。

解雇者たちを正規職で雇用することができるが、支会長の私については雇用できないと言いました。そして解雇期間についての慰労金を出すと言いました。民主労総と金属労組などの上級団体にも発展基金を出すと言いました。

7年ぶりに初めて出したAGCの立場は、本当にあきれます。怒りをもちます。すでに裁判所で私を含めてすべての労働者を直接雇用しなさいという判決が出ています。

ところで、「支会長は雇用できない」という立場を出したのは、依然労働組合を認めないということです。韓国労働部、検察、裁判所でAGCの不法行為を認めたにもかかわらず、AGCの態度は反省もなくまったく同じです。

韓国AGCが行う不法行為は、日本のAGC本社にすべての責任があります。正規職として雇用すべき労働者たちを非正規職として雇用し利潤を得ました。労働組合をつくったという理由で労働者を解雇しました。AGCは労働者を無視し、労働組合を認めないことを平気で行う労組破壊企業であり、不法企業です。

AGCの株式を持っている株主の皆さんは理解しなければなりません。AGCは不法企業です。処罰を受けなければなりません。株主の皆さんが得る利益は不法に作られてはなりません。労働者たちを搾取し、弾圧して、利益を得てもいけません。

私たち旭非正規職支会労働者は、最後まで闘います。AGCが不法行為について謝罪し、民主労組を認める日まで闘います。

私たち旭支会労働者の闘いに共に闘ってくれている同志の皆さんありがとうございます。国際連帯の力で私たちは必ず勝利します。同志の皆さんに勝利で報います。最後まで明るく笑いながら共に闘いましょう。トウジエン(闘争)!

AGC株主の皆さんに訴えます!

不当解雇の解決なくして「ガバナンス刷新」なし!

社長交代の理由は「ガバナンス体制刷新」…

 AGCは、2021年1月1日をもって、代表取締役社長が島村琢哉氏から平井良典氏に代わりました。その理由について、AGCは「ガバナンス体制」の刷新であると公表しています。
 今韓国では、AGCの子会社AFKが2015年に行った請負労働者の一斉解雇事件が大問題となっています。2019年になってAFKは不法派遣で刑事告訴されました。最高検察庁捜査審議委員会が出した結論です。法人としてのAFKと原納武氏(本社派遣の当時の社長、その後帰国・雲隠れ)、当時の請負会社社長等が被告とされています。AGC本社はこれまで関係も責任もないと繰り返してきましたが、ついに昨年末解雇された労働者たちが加入している旭非正規職支会に対して和解協議を申入れ、正社員としての採用を基本とする和解案を提示するに至りました。しかしながらその内容は、謝罪もなく、支会長のみ「復職は負担になる」として採用を拒否する、とうてい受け入れがたいものでした。

特恵待遇受けながら悪質な違法派遣

 AGCが韓国・亀尾(クミ)市に地方税免除・無償での土地提供などの特恵待遇を受けて工場進出したのが2004年でした。しかし設立された子会社は、韓国では生産ラインへの派遣が禁止されていることを承知で、偽装請負・不法派遣を導入したのです。そしてこの工場の請負労働者138人が旭非正規職支会(労働組合)を結成して立ち上がるに至ります。最初の要求事項は、最低賃金レベルの時給のわずかな賃上げと弁当と作業服の改善でした。しかし労働者が団結すると会社との力関係が変わりました。組合結成から1ヶ月後、AGCは組合員をメール一本で一斉解雇させ、請負会社との契約も解除して会社解散させてしまいます。

AGCのグローバル展開とは?

 AGCがグローバル企業として発展するために、社名もAGCに統一して、コマーシャルにも力を入れたのは2018年でした。しかし、AGCが韓国でやっていることは何なのでしょうか?世界中で同じやり方をするのですか?解雇された組合員を、韓国の法に従って全員を正社員として雇用すること、謝罪して一刻も早く解決に責任を取ること、それなしにAGC平井新社長の「ガバナンス体制刷新」はありません。株主の良識で真の「ガバナンス体制刷新」を!

AGC 주주 여러분께 호소합니다!

부당 해고 해결 없이는 협치 쇄신 없다!

사장 교체 이유는 협치체제 쇄신…

 AGC는, 2021년 1월 1일부로, 대표이사 사장이 시마무라 타쿠야 씨로부터 히라이 요시노리 씨로 바뀌었습니다.그 이유에 대해서, AGC는 「거버넌스 체제」의 쇄신이라고 공표하고 있습니다.

 지금 한국에서는 AGC의 자회사 AFK가 2015년에 실시한 청부 노동자 일제 해고 사건이 큰 문제가 되고 있습니다.2019년에야 AFK는 불법파견으로 형사고소를 당했어요.대검찰청 수사심의위원회가 내린 결론입니다.법인으로서의 AFK와 하라노 타케시씨(본사 파견 당시의 사장, 그 후 귀국·운신), 당시의 청부 회사 사장등이 피고로 여겨지고 있습니다.AGC 본사는 그동안 관계도 책임도 없다고 거듭한 끝에 작년 말 해고 노동자들이 가입한 아사히 비정규직 지회에 대해 화해 협의를 제의했고 정규직 채용을 기본으로 한 화해안을 제시했습니다.그렇지만 그 내용은, 사죄도 없이, 지회장만 「복직은 부담이 된다」라며 채용을 거부하는, 도저히 받아들이기 어려운 것이었습니다.

특혜대우를 받으면서 악질적 불법파견

 AGC가 한국 구미에 지방세 면제, 무상 토지 제공 등 특혜 대우를 받고 공장에 진출한 게 2004년입니다.그러나 설립된 자회사는 한국에서 생산라인 파견이 금지된 것을 알면서도 위장 청부, 불법파견을 도입한 것입니다.그리고 이 공장의 청부 노동자 138명이 아사히 비정규직 지회를 결성해 일어서기에 이르렀습니다.첫 번째 요구사항은 최저임금 수준의 시급 얼마 안 되는 임금인상과 도시락 및 작업복 개선이었어요.그러나 노동자들이 단결하자 회사와의 역학관계가 바뀌었습니다.조합 결성 한 달 후 AGC는 조합원을 문자 한 통으로 일괄 해고 시키고, 청부회사와의 계약도 해지하고, 회사를 해산시킵니다.

AGC의 글로벌 전개란?

 AGC가 글로벌 기업으로서 발전하기 위해서, 회사명도 AGC로 통일하고, 광고에도 힘을 쓴 것은 2018년이었습니다.하지만 AGC가 한국에서 하는 일은 무엇인가요?전 세계에서 같은 방식을 취할 건가요?해고된 조합원을 한국 법대로 전원 정규직으로 고용하는 것,사과하고 한시 바삐 해결에 책임을 지는 것,그것 없이 AGC히라이 신임 사장의 ‘협치 체제 쇄신’은 없습니다.주주의 양식으로 진정한 협치 체제 쇄신을!

和解交渉について

 AFK(AGC)代理人・法律事務所太平洋と旭非正規職支会との和解交渉が2020年12月8日と2021年2月2日に2回にわたって行われた。
 解雇から5年7か月にして初めてである。会社側は労組が訴訟を取り下げる条件として新規入社形態の復職と1人あたり一部慰労金9千200万ウォン(約880万円)支給、または復職放棄を条件として3億4千万ウォン(約3230万円)の慰労金支給の提案を行った。しかしチャ・ホノ支会長の復職はできないとした。
 組合側は、6年間の解雇に対する謝罪、労組の認定、全員の復職を主張。合意に至らなかった。
 問題になっている裁判は、ひとつは勤労者地位確認訴訟。2019年8月に1審で組合が勝訴して、控訴審が進行している。もうひとつが不法派遣(派遣勤労者保護などに関する法律違反)。2019年2月に起訴され、裁判進行中。

AGC本社の責任

 AGC本社は、これまでAFKの問題であり、本社としての責任はないとの立場を繰り返した。
 しかしAFK設立の前に「投資協定に関する覚書」を慶尚北道及び亀尾(クミ)市と締結したのはAGC本社。地域社会の発展に寄与することを約束するのを条件に、慶尚北道・亀尾市はAGCに15年間の地方税減免、34万㎡の土地の50年にわたる無償賃貸契約などを約束した。AFKはAGCの重要な生産拠点となっている。
 AFKは連結決算子会社。資本金の67パーセントはAGCが握り、社長は日本人で、本社の人事で派遣される。不法派遣で原納武氏(当時の社長)が起訴された後に、社長を交代し、原納武氏は出廷もしていないし所在もわからなくなっている。本社のコンプライアンス違反は明らか。

旭非正規職支会

 AGCファインテクノコリア(AFK)亀尾(クミ)工場で働く請負労働者は、時給600円余りで週70時間働いていた。それでも簡単に解雇されるような状況だった。昼食時間は20分で食事・トイレ・喫煙を済まさないといけない。ミスをすると赤いチョッキを着させられた。
 2015年6月に、請負会社GTSに雇用された労働者138名(178名中)が旭非正規職支会を結成した。。民主労総金属労組に所属し、支会は日本の支部にあたる。
 結成から1か月後、工場のメンテナンスという理由で休みを指定された日に、全員がメール1本で解雇通知を受ける。その後、6カ月の契約期間を残して、AFKはGTSとの請負契約を解除。GTSは会社解散。不当労働行為の責任追及は困難に。
 現在22名の組合員がAFK(AGC)の不当労働行為、不法派遣を争い、職場復帰をかけて闘う。

2019年の株主総会での答弁

 2019年3月28日にAGC第94回定時株主総会が開催され、株主から「会場の外で抗議運動が行われていたがAGCに関係するものなのか?」との質問が出された。それに対して、「プラズマテレビ用ガラス事業の終了に伴い、従業員の雇用を確保するためにAGCファインテクノ韓国が受け入れを行い、請負先との契約を解除した。請負先が整理解雇を実施し、解雇された元従業員がAGCファインテクノに対し訴訟を提起している。解約に当たっては相応の補償金を支払う措置も行っており適切な対応をしている」(小林常務)との回答がなされた。
 プラズマテレビ用ディスプレイの生産縮小は事実だとしても事業の終了は2019年のこと。しかも労働組合結成から1ヶ月後に寝耳に水の全員解雇。不当労働行為と問題になることは最初からわかっていたはずであり、本社の責任、ガバナンス上の問題は明らかである。

ろう城場での旭水曜文化祭が盛況に!3/30株主総会宣伝行動へ!

2021年3月24日、韓国・亀尾(クミ)市にあるAGC韓国工場前で、恒例の旭水曜文化祭が行われ、たくさんの労働者・市民が集まって、盛況でした。チャホノ支会長とぺテソンさんのフェイスブックの投稿からシェアします。

3/30(火)には、AGC(旭硝子)の第96回定時株主総会が東京會舘で開かれます。一日も早く、22名の組合員全員が正社員として職場に戻れるように、日本の支援共闘会議も全力で宣伝行動を行います。結集をお願いします。

チャホノ支会長からシェア
===
朝日文化祭 感動的だ。たくさんの同志が集まった。 「つまらない少数の事業場闘争に参加してくれる同志たちがいて幸せだ。 どうも。
写真 韓国ジーエム昌原非正規職支会
ペテソン同志からシェア
===
春の夜、明るくて楽しかった。
花は独力では咲かない
写真 朝日非正規職支会 ミン·ドンギ

AGC第96回株主総会宣伝行動

AGC第96回定時株主総会

2021年3月30日(火)午前10時(受付開始 午前9時)東京會舘 3階 ローズ 

宣伝行動は3/30 8:30から東京會舘南側正面玄関前で行います。

記者会見のご案内

和解協議でAGCが労組支会長の雇用を拒否
平井社長の責任で不当解雇を撤回し、
旭非正規職支会の組合員22人全員を正規職として雇用せよ!
      3・30AGC株主総会行動と記者会見のご案内
  

記者会見 3月30日(火)午後2時~
            厚生労働記者会・記者会見場 

 私たち旭非正規職支会支援共闘会議は、解雇撤回・正規職雇用を求めて闘う韓国・民主労総金属労組傘下の旭非正規職支会を支援している日本の労働者です。
 旭硝子(現AGC)は2004年、特恵待遇(工場用地の50年間無償貸与、15年間の地方税免除)を得て、韓国・亀尾市に進出しました。同年、日本では製造業への派遣労 働が解禁されましたが、韓国では今も製造業派遣は禁止です。AGCの韓国法人・旭硝子ファインテクノ韓国(AFK)は、工場内で下請け会社の非正規職労働者を働かせました。これは、いわゆる偽装派遣であり、すでに2019年2月、AFKは不法派遣で起訴され、刑事裁判が進行しています。労働者地位確認訴訟でも2019年8月の一審で組合員22人とAFKとの雇用関係を認める勝利判決をかちとっています。こうした労組の闘 いに追い詰められたAGC本社は、ついに昨年12月に和解協議を求めてきました。
 しかし2月23日、2度目の和解交渉でAGCの代理人「法務法人太平洋(テピョンヤン)」は、「雇用する。しかし支会長はだめだ」と、チャホノ支会長を除いた組合員の新採用という形での正社員雇用を提示すると同時に、この機に退職するなら3億4千万㌆ (約3230万円)の解雇期間補償金を出すというものでした。
 旭支会は、代理人に「組合員22人全員の雇用が前提であり、協議案は受け入れること はできない」と表明し、最後まで闘う決意を明らかにしています。私たちはこの労組の決意に応え、日本でAGC本社に対する行動に取り組んでいきます。
 来る3月30日、AGC第96回株主総会(午前9時30分受付開始、10時開会、会場:東京會舘)には、会場前で宣伝を行います。株主に事態を知らせ、平井良典新社長に組合員22人全員の 解雇撤回・正規職雇用を求めます。
 AGC株主総会行動の取材と共に記者会見へのご参加をお願いします。
                   連絡先:旭非正規職支会支援共闘会議
                          事務局次長 鎌田由子

asahihiseiki@ybb.ne.jp

090-9016-0272
                                                               

全員を戻せ!支援共闘会議が声明

旭非正規職支会支援共闘会議は、旭非正規職支会とAGCの和解決裂を受けて、2021年3月16日付で声明を発しました。同じ日、AGC株主総会を前にAGC本社前で抗議行動を行い、この声明をビラにして配布しました。旭非正規職支会支援共闘会議は、旭支会全員が正社員として職場に戻るまで、共に闘い抜きます。

AGCは今も新型コロナで受付を閉じて面会を受け付けないでいます。申入れもできない状況ですが、のぼり旗を新調して、20名余りで抗議・宣伝を行いました。ビラの受け取りはとてもいいです。世論の力で、一日も早く22名全員が、正社員として職場復帰できるように力を入れます。

3月30日のAGC株主総会の会場前でも宣伝活動を行います。

旭支会組合員の来日はできませんが、韓国の支会とオンラインで結びながら株主への訴えを行いたいと思っています。

たくさんのみなさんの結集をお願いします。

AGC第96回株主総会

2021年3月30日(火)午前10時(受付開始 午前9時)

東京會舘 3階 ローズ 

宣伝行動は3/30 8:30から東京會舘南側正面玄関前で行います。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%9C%83%E8%88%98/@35.6776258,139.7568695,16z/data=!4m8!1m2!2m1!1z5p2x5Lqs5pyD6IiY!3m4!1s0x60188b02393fb4db:0x7178f8f3248d5db9!8m2!3d35.6776258!4d139.7612469?hl=ja

3/16昼休みAGC本社前行動 写真報告

以下は、旭非正規職支会支援共闘会議の声明。

AGC(旭硝子)は支会長外しの和解案を撤回しろ!

2021年3月16日 旭非正規職支会支援共闘会議

 旭硝子(当時、現・AGC)は2004年、特恵待遇(工場用地の50年間無償貸与、15年間の地方税免除)を得て、韓国・亀尾市に進出。日本では同年、製造業への派遣労働が解禁されましたが、韓国では今も製造業派遣は禁止です。AGCの韓国法人・旭硝子ファインテクノ韓国(AFK)は、工場内で下請け会社の非正規職労働者を働かせました。これは、いわゆる偽装請負であり、すでに2019年2月、AFKは不法派遣で起訴され、刑事裁判が進行しています。労働者地位確認訴訟でも2019年8月の一審で組合員22人とAFKとの雇用関係を認める勝利判決をかちとっています。こうした労組の闘いに追い詰められたAGC本社は、ついに昨年12月に旭非正規職支会に和解協議を求めてきました。

 しかし2月23日、2度目の和解交渉でAGCの代理人「法務法人テピョンヤン(太平洋)」は、「雇用する。しかし支会長はだめだ」と、チャ・ホノ支会長を除いた組合員の新規採用という形での正社員雇用を提示しました。同時に、正規職として雇用する場合はバックペイは9200万ウォン(約880万円)、この機に退職するなら3億4千万ウォン(約3230万円)の解雇期間補償金を出すというものでした。6年解雇撤回で闘ってバックペイが880万円。年収で言えば150万円にもなりません。また一方で「個人別合意金額と別途に民主労総と金属労組などに労組発展基金を支給する意思がある」と表明しました。これらは、AGCの基本姿勢が、この期に及んで、「金で解決してやる、労働組合としての活動は許さない、金を使えば労働組合の活動は思うようにコントロールできる」というものなのだと言わざるをえません。

 旭非正規職支会は、AGCの代理人に「組合員22人全員の雇用が前提であり、協議案は受け入れることはできない」と表明し、最後まで闘う決意を明らかにしました。6年間、どんなに厳しい状況でも、団結して工場前にろう城を続けて、非正規職が人間として扱われる社会のために闘い続けてきました。一刻も早く解決を!という思いを逆手にとって、「解決案」という形で、新たな組合の分断を図り、闘争を終結させようというAGCを、私たち支援共闘会議も許すことができません。最後の勝利まで、日韓の労働者の連帯と団結をかけて、旭非正規職支会と共に闘い抜きます。

 AGCのこうした対応に対して、韓国の労働者市民の中には、いまだに日本企業は韓国を植民地のように扱うのかとの大きな批判が巻き起こっています。サンケン電気㈱(本社・埼玉県新座市)のように新型コロナウイルス感染拡大に乗じて労働組合つぶしの韓国子会社の解散・全員解雇を強行する企業も大問題となっています。

私たちは、旭非正規職支会の非正規労働者の団結権を守るという原則的な立場を支持し、国際的な非正規職・非正規職差別撤廃の闘いとして、国際連帯の原則に立って共に闘い抜きます。来る3月30日AGC第96回株主総会が東京會舘で開催されます。私たちは、AGC・平井良典新社長に対して、AGC本社の責任において組合員22人全員の解雇撤回・正規職雇用を基本とした早期解決を図るよう強く求めます。

3・16AGC本社前行動へ!

 旭非正規職支会支援共闘会議は、2021年3月16日㈫12時からAGC(旭硝子)本社前抗議行動を行います。

 すでに報告した通り、AGCは、旭非正規職支会の闘いに追い詰められてこの2月に韓国において、旭非正規職支会との2回目に和解交渉を行いました。しかしながら、AGCは不法派遣の責任を認めて21名を正社員として雇用する意思のあることを表明した上で、チャ・ホノ支会長だけは、正社員として雇用できないとする立場に固執しました。

 また職場復帰は、新規採用という形になるとし、正規職として雇用する場合はバックペイは9200万ウォン(約880万円)、この機に退職するなら3億4千万ウォン(約3230万円)の解雇期間補償金を出すというものでした。6年解雇撤回で闘ってバックペイが880万円。年収で言えば150万円にもなりません。

 また一方で「個人別合意金額と別途に民主労総と金属労組などに労組発展基金を支給する意思がある」と表明しました。

 これらは、AGCの基本姿勢が、この期に及んで、「金で解決してやる、労働組合としての活動は許さない、金を使えば労働組合の活動は思うようにコントロールできる」というものなのだと言わざるをえません。

 旭非正規職支会は、AGCの代理人に「組合員22人全員の雇用が前提であり、協議案は受け入れることはできない」と表明し、最後まで闘う決意を明らかにしました。6年間、どんなに厳しい状況でも、団結して工場前にろう城を続けて、非正規職が人間として扱われる社会のために闘い続けてきました。一刻も早く解決を!という思いを逆手にとって、「解決案」という形で、新たな組合の分断を図り、闘争を終結させようというAGCを、私たち支援共闘会議も許すことができません。最後の勝利まで、日韓の労働者の連帯と団結をかけて、旭非正規職支会と共に闘い抜きます。

 AGCのこうした対応に対して、韓国の労働者市民の中には、いまだに日本企業は韓国を植民地のように扱うのかとの大きな批判が巻き起こっています。サンケン電気㈱(本社・埼玉県新座市)のように新型コロナウイルス感染拡大に乗じて労働組合つぶしの韓国子会社の解散・全員解雇を強行する企業も大問題となっています。

 私たちは、旭非正規職支会の非正規労働者の団結権を守るという原則的な立場を支持し、国際的な非正規職・非正規職差別撤廃の闘いとして、国際連帯の原則に立って共に闘い抜きます。来る3月30日AGC第96回株主総会が東京會舘で開催されます。私たちは、AGC・平井良典新社長に対して、AGC本社の責任において組合員22人全員の解雇撤回・正規職雇用を基本とした早期解決を図るよう強く求めます。

 2021年3月16日㈫、昼休みの12時よりAGC本社前にて抗議行動を行います。ぜひたくさんの皆さんの結集をお願いします。

https://www.google.co.jp/maps/search/agc/@35.6817871,139.7643569,18z

支援共闘会議・金元重顧問の闘い

 旭非正規職支会支援共闘会議の顧問として、旭非正規職支会に心を寄せ、支援共闘会議の運動に大きな力となってくれている金元重・元千葉商科大学教授。2021年2月22日付の朝日新聞「取材考記」欄にオピニオン編集部の桜井泉氏が金さんのことを書いてくれているので紹介します。

映画になった韓国の情報機関・KClA

独裁政権下の「南山」今も癒えぬ傷

 韓国・ソウルの南山(ナムサン)は、大都会にあって緑豊かな憩いの場として知られるが、かつて別の顔を持っていた。軍出身の朴正熙(パク・チョンヒ)大統領の時代、ふもとに中央情報部(KCIA)があったのだ。

 北朝鮮や政敵の情報を集め、独裁政権の政治工作を担った機関だった。治安の総元締として反体制派の学生や知識人らを捕らえ拷問を加えた。「南山」と聞けば、みな震え上がった。

 韓国映画「KCIA南山の部長たち」が日本で公開されている。1979年、KCIAトップが朴大統領を射殺した事件を題材に、権力内部の大統領への忠誠争いや葛藤を描いた。

 KCIAと日本との関わりは深い。73年8月、朴政権に反対し、東京で事実上の亡命生活を送っていた金大中(キムデジュン)氏(後の大統領)が、工作員によってホテルから白昼、拉致され、船で本国に送り返された。日本の主権侵害だ、として日韓の大きな外交問題となった。

 あまり知られていないが、在日韓国人の若者らもKCIAの標的になった。70年代、あこがれの母国で学んでいたところ、日本での活動を疑われ、北朝鮮のスパイにでっち上げられた。その一人、千葉県に住む金元重(キムウォンジュン)さん(69)は大学院生だった75年、ソウルの寄宿舎から南山に連行された。「学園浸透間諜(かんちょう)団」という名を付けられ、懲役7年の判決を受けた。

 映画を見た金さんは、息が詰まるような展開に心臓を高鳴らせ、昔を思い出した。南山の地下室で10日ほど調べられ、拷問された。朴大統領の死は刑務所の構内放送で知った。「これで民主化が進む、と心の中で万歳を叫んだ」。80年、再び軍出身の全斗換(チョンドゥファン)氏の独裁が始まり、民主化にはなお曲折があったのだが。

 金さんは満期で釈放され、日本に戻った。再審無罪を勝ち取ったのは2012年だった。「私自身は獄中にいて祖国の民主化に貢献できなかった。でも、こんな映画をつくれる自由な世の中になった。そのことを喜びたい」

 金大中氏が拉致された東京・飯田橋のホテルグランドパレスは、6月末に営業を終える。時は流れた。だが、祖国に夢を抱き、青春まっただ中だった若者たちの心と体の傷は癒えない。

☆☆☆こちらのリンクは作家の深沢潮さんが金元重さんを取材した時の記事です☆☆☆

https://www.facebook.com/fukazawaushio/posts/2059359147453587/

「AGCは全員正社員雇用せよ!」本社に緊急抗議行動!

  2月23日に韓国で旭非正規職支会とAGC旭硝子との和解交渉が行われた。すでに報告した通り、AGC旭硝子は、チャホノ支会長を除いた組合員の正社員雇用を提示、退職前提ならば3億4000万ウォン(約3230万円)、正社員雇用するならば9200万ウォン(約880万円)の解決金を提示した。旭非正規職支会は、22人全員の正社員雇用は譲れない、和解案は組合の分断と排除を意図していると弾劾して、和解を拒否した。そして、「完全に労組が認められて、現場に戻る日まで時間がもう少しかかっても、揺らぐことなく闘います。」と態度表明した。日本の旭非正規職支会支援共闘会議は、この決断を、感動をもって受け止め、支持を表明する。

 2021年2月25日、前々日23日の和解協議決裂を受けて、日本の旭非正規職支会支援共闘会議は、AGC旭硝子に対する緊急弾劾行動に立ち上がった。韓国の旭非正規職支会の同志22人の、どんな困難があろうとも、解雇撤回させて、全員が正社員として職場に戻るまで闘い抜くという決意に応え、AGC旭硝子本社・平井新社長に対して、即座の弾劾行動に立ち上がったのだ。

 新型コロナウイルス感染拡大にともなう緊急事態宣言が出された東京。東京駅丸の内北口周辺も人通りが少ない。新丸の内ビル・AGC本社も受付を閉鎖し、外部との面談を禁止しているとのことで、申入れと担当者との面談はできなかった。

 山本議長から先立って、担当者に電話で趣旨を述べ、面談を申し入れた。和解協議におけるAGC旭硝子の、あからさまな団結破壊・組合排除の意図について、弾劾が行われた。現場の担当者にはまだ結果と交渉の内容は伝えられていないようだった。上層部に必ず伝えるとの回答だ。

 宣伝行動では、人通りが少なく、支援共闘会議の結集が多かったので、通行人よりもビラまき隊の人数の方が多いくらいだった。しかし、用意した500枚のビラは、1時間あまりでほぼなくなってしまった。ビラの受け取りは、これまでと比べてとてもよかった。カンパを差し出す人も現れた。これらは大きな手ごたえだ。AGC旭硝子を圧倒する労働者の支持と怒りを結集しなければならないし、それはすでに始まっている。

 街頭宣伝を終えて、旭非正規職支会支援共闘会議の会議がもたれた。3月30日のAGC旭硝子の定期株主総会の宣伝行動・抗議行動が極めて重要になった。3/16㈫昼休みに、再度本社抗議・宣伝行動を行い、3/30株主総会に全力で結集して、AGC旭硝子に解決の責任を取らせようと確認をした。ぜひみなさんの結集をお願いしたい。

AGCは全員正社員雇用せよ!

支会長の雇用拒否は新たな組合つぶし!

☆2/23和解協議決裂!支会長だけ職場復帰を拒絶したAGC☆

 2/23韓国で旭非正規職支会とAFK(AGCファインテクノコリア)との和解協議の場がもたれました。AGC旭硝子本社の意向も踏まえたものです。解雇から7年目にして初めて和解案が示されました。
 和解案の内容は、正社員として組合員を雇用する、しかしチャホノ支会長は雇用できない、退職前提ならば3億4千万ウォン(解雇期間補償額、換算すると約3230万円)支払う、雇用する場合は新規入社扱いというものです。
 旭非正規職支会は、22人全体の雇用が基本である、一部の雇用と金銭解決案で内部を分裂させる案は拒否することを決めました。そして、「完全に労組が認められて、現場に戻る日まで時間がもう少しかかっても、揺らぐことなく闘います。」と表明しました。
 私たち日本の旭非正規職支会支援共闘会議も、旭支会のこの決定を断固支持します。組合員が苦しんで6年を闘ってきたというのに、和解案という形でさらなる分断を持ち込み、組合と団結を破壊するAGCを許しません。勝利までともに闘い続けます。

☆☆☆不法派遣・偽装請負でもうけたAGC旭硝子☆☆☆

 AGC(旭硝子)は、新丸の内ビルに本社を構える三菱財閥の世界最大のガラスメーカーです。建築用ガラス、自動車用ガラス、ディスプレイ用ガラスなどエレクトロニクス製品、化学品、セラミックスなどを製造しています。
 このAGCが、韓国にAGCファインテクノコリア社を建設してLCD用ガラス基板の製造を始めたのが2004年でした。この同じ年まで、日本では工場の製造業務への派遣は禁止されていました。韓国では今でも禁止されています。AGCは、偽装請負が不法派遣になることを知っていながら、この非正規労働者の安価な使い捨て体制を導入したのです。まるで植民地かのように。
 旭非正規職支会の組合員たちは、労働者の誇りにかけて、組合に結集して声をあげました。それは非正規職を撤廃しろ!非正規労働者がまともに生きられる職場と社会を作ろう!という呼びかけでした。
 AGC旭硝子は、この組合員を全員解雇に追いやりました。この解雇撤回の力強い闘いがついにAGC旭硝子をして、「雇用する」と言わざるをえない状況に追い詰めました。
 旭非正規職支会支援共闘会議は、22人の組合員が正社員として戻るまでともに闘い抜きます!AGCは、正社員として全員戻せ!

2月25日AGC本社行動に結集を!

2021年2月25日(木)15:30東京駅丸の内北口集合してください!

AGC旭硝子本社に対する抗議・弾劾行動を行います!

AGCは全員正社員雇用せよ!

支会長の雇用拒否は新たな組合つぶし!

☆2/23和解協議決裂!支会長だけ職場復帰を拒絶したAGC☆

 2/23韓国で旭非正規職支会とAFK(AGCファインテクノコリア)との和解協議の場がもたれました。AGC旭硝子本社の意向も踏まえたものです。解雇から7年目にして初めて和解案が示されました。
 和解案の内容は、正社員として組合員を雇用する、しかしチャホノ支会長は雇用できない、退職前提ならば3億4千万ウォン(解雇期間補償額、換算すると約3230万円)支払う、雇用する場合は新規入社扱いというものです。
 旭非正規職支会は、22人全体の雇用が基本である、一部の雇用と金銭解決案で内部を分裂させる案は拒否することを決めました。そして、「完全に労組が認められて、現場に戻る日まで時間がもう少しかかっても、揺らぐことなく闘います。」と表明しました。
 私たち日本の旭非正規職支会支援共闘会議も、旭支会のこの決定を断固支持します。組合員が苦しんで6年を闘ってきたというのに、和解案という形でさらなる分断を持ち込み、組合と団結を破壊するAGCを許しません。勝利までともに闘い続けます。

☆☆☆不法派遣・偽装請負でもうけたAGC旭硝子☆☆☆

 AGC(旭硝子)は、新丸の内ビルに本社を構える三菱財閥の世界最大のガラスメーカーです。建築用ガラス、自動車用ガラス、ディスプレイ用ガラスなどエレクトロニクス製品、化学品、セラミックスなどを製造しています。
 このAGCが、韓国にAGCファインテクノコリア社を建設してLCD用ガラス基板の製造を始めたのが2004年でした。この同じ年まで、日本では工場の製造業務への派遣は禁止されていました。韓国では今でも禁止されています。AGCは、偽装請負が不法派遣になることを知っていながら、この非正規労働者の安価な使い捨て体制を導入したのです。まるで植民地かのように。
 旭非正規職支会の組合員たちは、労働者の誇りにかけて、組合に結集して声をあげました。それは非正規職を撤廃しろ!非正規労働者がまともに生きられる職場と社会を作ろう!という呼びかけでした。
 AGC旭硝子は、この組合員を全員解雇に追いやりました。この解雇撤回の力強い闘いがついにAGC旭硝子をして、「雇用する」と言わざるをえない状況に追い詰めました。
 旭非正規職支会支援共闘会議は、22人の組合員が正社員として戻るまでともに闘い抜きます!AGCは、正社員として全員戻せ!

和解協議は決裂!AGCは全員を雇用せよ!

2021年2月23日、AGC旭硝子が旭非正規職支会に対して交渉の場を持ち、解決案を示しました。しかし、正社員として雇用するが、チャホノ支会長はダメだという分断でした。

旭非正規職支会は分断を拒否しました。全員の職場復帰、それは非正規職撤廃のために譲れないものです。

旭非正規職支会支援共闘会議は、断固としてともに闘い抜きます。

以下、チャホノ支会長から。

=====

旭が立場を出しました。闘争7年目、初めて出た立場です。

雇用する。しかし支会長はだめだという立場です。

また、一時金をもらってやめると、3億4千万ウォン(解雇期間補償額)がもらえるといって出て行けと言います。

雇用も新規入社です。

意図がはっきり見える立場です。

我々は22人全体の雇用が基本です。 一部の雇用と資金繰りで内部を分裂させる案は受け付けないことにしました。 完全に労組が認められて、現場に戻る日まで時間がもう少しかかっても、揺らぐことなく闘います。

最後まで一緒に過ごしましょう。 どうも。

キムジンスクさんの希望行進、青瓦台へ

旭非正規職支会もともにしたキムジンスクさんの復職と安全な職場のための「行進」。

34日間プサン(釜山)からソウルまで千里を歩きとおした行進。極寒の雪の日もあった。

https://imnews.imbc.com/replay/2021/nwdesk/article/6081507_34936.html?fbclid=IwAR00q-WPn5ff7kr7jn8VycZsm7N6iVhv067T8mQcYmorOqquIdcxxFdrix8

https://imnews.imbc.com/replay/2021/nwdesk/article/6081507_34936.html?fbclid=IwAR00q-WPn5ff7kr7jn8VycZsm7N6iVhv067T8mQcYmorOqquIdcxxFdrix8

34日間「千里の道」…。復職と安全な職場のための「行進」

入力 2021-02-07 20:11 | 修正 2021-02-07 20:171

韓進(ハンジン)重工業解雇労働者のキム·ジンスク氏が復職を促し、昨年末、釜山(プサン)から徒歩行進を開始しました。

34日目の本日、ソウルで締めくくりました。

他の解雇労働者と市民が一緒に歩きました。

ホン·ウィピョ記者が現場に行ってきました。

レポート

今日の午前、ソウル黒石(フクソク)駅前。

「キム·ジンスク復職」というベストを着た人たちが目につきます。

発熱チェックをして名簿に名前も書きます。

10人以上集会を行うことができない防疫規則上9人が一組で行進します。

[LGユープラスの解雇労働者]

「同じ解雇者としてその心情がよく分かるため、このように一緒に参加することになりました。”

昨年末、定年を翌日に控え、韓進(ハンジン)重工業の解雇労働者のキムさんは、釜山(プサン)で徒歩行進を始めました。

再発した癌治療も後回しにして路上に立ったのは、単に自分の復職のためだけではなかった。

[キムジンスクハンジン重工業解雇労働者]

「私だけでなく、多くの解雇者·非正規雇用者が一日も早く職場に戻り、こんなに苦労しない社会になればと思います。”

「30年あまり前、労組活動をしたという理由で自分を解雇した韓進(ハンジン)重工業の本社前を通ります。

2009年と昨年、Kさんを復職させるように勧告があったが会社側は応じていません。

解雇労働者のキム·ジンスク氏が作った船を意味する「紙の船」を持ち上げ、市民はキム氏の復職と労働者に安全な職場を作ってくれと要求しました。

400キロを歩いて来た青瓦台の前

自身の復職と不当解雇の禁止を叫び、48日間断食を続けている同志を抱きしめたキムさんは、後退が指摘された「重大災害企業処罰法」の完全な制定を要求しました。

[キムジンスクハンジン重工業解雇労働者]

「なぜ労働者は死んでいくのか」その答えを聞きたくて、34日間歩いてここまで来ました。”

主催側が名簿に基づいて把握した今回の「希望通り」行進の参加者は約700人。

突然集まった人波で、警察はコロナ19の拡散が懸念されるとして一時解散命令を出しましたが、大きな衝突にはつながりませんでした。

MBCニュースのホン·イピョです。

(映像取材:キム·ベッスン 映像編集:ウィ·ドンウォン)

====

<キム·ジンスク指導委員の大統領府発言全文>

あきらめないようにしましょう。倒れないようにしましょう。 私もそうします。

民主主義はどこに行ったのか。全泰壹(チョン·テイル)がたいこを買ってくれた女工たちは、どこでたこができた手で、かすれた目をこすりながら、まだミシンを回しているのか。 それともLGツインタワーの便器をきれいに洗ってクビになったのか。 それとも仁川(インチョン)空港のモップにも劣る下請に下請労働者として暮らして首になった金ゲウォルになったのか。それとも20年間、最低賃金コレイル·ネットウェックスの解雇者になり、ソウル駅の冷たい床に座ってのり巻きを食べるのか。

労働尊重社会でチャ·ホンホは、金スオク、ビョン·ジュヒョンはなぜまだ非正規職なのか。

なぜ青年たちは非正規職で差別と蔑視から学ばなければならず、フェミニスト政権でなぜ女性たちは一番先に首になり一番多く死んでいくのか。

雇用を最優先に守るという政権で、大宇(テウ)バス、韓国ゲイツ、イースター労働者はなぜ大量に解雇され、双車と韓進の労働者はなぜ依然として雇用不安に苦しんでいるのか。

朴チャンス、金ジュイクを弁論した労働人権弁護士が大統領である国で、なぜまだ労働者は飢え、解雇され戦わなければならないのか。

チェ·ガンソの遺体安置所を訪れ、「すまない」と言った方が大統領になった国で、なぜ、まだ労働者らは死んでいくのか。

金ヨンギュン、金テギュ、チョン·スンギュ、李ハンビッ、金ドンジュン、ホン·スヨンはなぜ今日も死ぬのか。

セウォル号、ステラステージ号はなぜまだ沈んでおり、遺族がいつまで戦わなければならないのか。

移住労働者たちはなぜビニールハウスで暮らして凍死しなければならないのか。

なぜ、文正鉉(ムン·ジョンヒョン)神父は、白基玩(ペク·ギワン)先生は、朴正熙(パク·チョンヒ)政権で始めた戦いを今も続ける全斗煥(チョン·ドゥファン)政権で解雇された金ジンスクはなぜ36年間解雇者なのか。

その答えを聞きたくて、34日歩いてここまで来ました。

その約束がなぜ守られないのか聞きたくて、一歩一歩千里の道を歩いてここまで来ました。

36年間、私は幽霊でした。 資本に権力にだけ見えない幽霊でした。文在寅(ムン・ジェイン)大統領様私が見えますか。

ともに戦ってきたあなたがろうそくの力で大統領になった後も、相変わらず解雇者の私が見えますか。

風呂敷を被ったまま連行され、体中が血まみれになるほど殴られ、その傷を体に鎖のように抱えて36年間生きてきた私が見えるでしょうか

最低賃金の蔑視の代名詞である『清掃雇用』を守ると泣いて戦うこの労働者が見えるでしょうか。

「お父さんはどうして来ないの」と尋ねる3歳の子供に「お父さんは立てこもり現場だ」という言葉をどう説明するか分からないというこの労働者たちが見えるでしょうか。

同志の皆様、民主主義は戦う人々が作ってきました。

過去を裏切る人たちではなく、唇だけで民主主義を語る人たちではなく、自分一人が川を渡り、イカダを捨てる人たちではなく、戦う我々が血を流しながらここまで来たのが、この国の民主主義です

遠い道を一緒に歩いて来てくださってありがとうございます。

骨を削って断食をした同志たち、本当にお疲れ様でした。

これからどれだけ遠い道を行くべきか分からない私たち。あきらめないことにしましょう。 倒れないようにしましょう。 私もそうします。 笑いながら最後まで一緒に闘う!!!