2023韓-日国際交流事業20周年記念式での旭支会あいさつ

「日本の同志たちに会うことができなかったら、私たちは単に日本は悪い国だ。日本人はみんな悪い人間だと考えたことでしょう。」

11月12日(日)「2023韓-日国際交流事業20周年記念式」での、韓国旭非正規職支会チャホノ支会長の発言です。4年ぶりに旭非正規職支会支援共闘会議を代表して日本から事務局長先頭に訪韓、11月10日の非正規職共闘の前夜祭、11日の民主労総労働者大会、12日の20周年記念式を旭支会と共にしました。

支援連帯の本社前抗議行動を続けてよかったと心から感動しました。 さらに日本からの闘いを強化しましょう!

11月12日「2023韓-日国際交流事業20周年記念式」でのチャホノ支会長の発言

韓国に来てくれたことを歓迎します。日本で見た同志たちを韓国でまた顔を見られて一層嬉しく思います。

韓日国際交流20周年をお祝いします。素晴らしいことです。

私たちが2015年解雇され、日本を訪問した時、同志たちが共に行動してくれました。同志たちは、それ以降旭支援共闘会議をつくり、これまで旭闘争を共に闘ってくれています。

日本の同志たちに会うことができなかったら、私たちは単に日本は悪い国だ。日本人はみんな悪い人間だと考えたことでしょう。

日本帝国主義の戦争を通して受けた韓国の被害と傷が、私たちだけにあるのではなく、日本の労働者、市民も被害者ということを同志たちを通して、知ることになりました。

日本の同志たちが戦争反対を重要な課題として考え、闘うことを見て、また驚きました。資本家階級に立ち向かい、全世界の労働者階級が共に闘わなければならなないことを本だけで見ていましたが、直接経験したことは初めてでした。不思議な気がしました。

日本の同志たちは、旭闘争にとって貴重な財産であり、闘争の武器です。私たちが日本に遠征闘争に行けなくても、毎月旭硝子(AGC)の東京本社前で、抗議行動をしてくれています。私たちにとっては、とても大きな力です。この席を借りて、あらためて同志の皆さんに感謝します。

同志たちの連帯は、単なる連帯ではありません。特に同志たちの闘争を見ながら、私たち旭支会の同志たちが階級的連帯を悩み、考えるようになりました。

同志たちが連帯してくれることを学び、私たちは星州ソソンリのサード反対闘争に8年連帯しています。サード反対闘争を通して、戦争反対闘争がまたどれほど重要なのか、より深く経験しました。

日本の同志たちの行動を見ながら、多くを学び、私たち自身を振り返りました。おかげで旭非正規職労組は、よく連帯している労組として認められています。大変ですが、資本に立ち向かい、9年を堂々と闘うことができる意志と力が生まれました。

旭闘争はたとえ22名という少数の闘いでも、私たちが持つ闘争の力、連帯の力はとても強いことをよくわかっています。たとえ小さい事業場で、少数の闘争でも、たった一つの闘争でも、完全に勝利することはすごく重要です。団結し連帯すれば、完全に勝利することを示したいと思います。旭闘争は早く終えるより、正しく終えることが重要です。完全に勝利し、闘いが希望ということを必ず証明したいと思います。必ず勝利します。

今日、招待していただいてありがとうございます。トゥジェン!

サード反対闘争に共にする労働者たち

http://socialism.jinbo.net/bbs/board.php?bo_table=news&wr_id=552&me_id=9&me_code=&fbclid=IwAR05NpVKnH8UrtJUrPEI2VSRxKDv2phtND-vrrNwycKm9erNQOpuICC1xEg

労働者闘争に共にする人なら誰でも分かる労働組合の中に旭非正規職支会がある。 労組を作るやいなや解雇された自分たちの復職のためだけでなく、すべての労働者の団結と連帯の先頭に立つ姿で私たち皆に手本になる同志たちだ。 旭非正規職支会の歩みが届くところは通常の「労働組合闘争」範囲を越える。 数年間、サード反対闘争が繰り広げられる小城里もその一つだ。 旭同志たちの連帯事例を見ながら、労働者運動がサード反対闘争のような政治争点にどのように対応するのか共に考えてみよう。

第15回汎国民平和行動

9月2日、慶尚北道星州郡小城里(キョンサンブクド·ソンジュグン·ソソンリ)でサード撤回平和会議の主催で、第15回汎国民平和行動集会が開かれた。 8月18日、米キャンプデービッドで韓米日3国の支配階級の軍事的結束を固める首脳会議が開かれ、これを糾弾するかのように集会の舞台には「サード撤去! 韓米日軍事同盟の構築に反対!」というスローガンが大きく掲げられた。 社会主義に向けた前進会員たちも同日の集会に参加し、「韓米日軍事同盟反対」のスローガンを叫んだ。

2017年4月26日、サード装備が初めて小城里に搬入されて以来、6年が経つ間、色々な反戦平和運動団体、宗教団体、学生団体、政党などが地域住民たちと共に戦ってきた。 闘争現場に掲げられた数多くの垂れ幕を見れば、サード撤去、平和、民族自主など小城里闘争を支持する個人と団体の熱望を読み取ることができる。 朝鮮末期の東学農民運動を連想させる「斥洋斥倭」のようなスローガンも目についた。

この間、亀尾旭非正規職支会が着実に小城里闘争に連帯してきたという話を聞いたが、この日もやはり旭同志たちが席を取って座っていた。 亀尾で労働者共同闘争の気風を生かしているKEC支会、韓国オプティカルハイテク支会の同志たちも共にした。 オプティカルハイテク労働者は食い逃げ資本の日東電工を糾弾し雇用保障を促す署名を受け、集会参加者が列をなして署名に参加する姿も見られた。

サード反対闘争に共にする労働者たち

民主労総統一先鋒隊のように民族主義指向が強い労働者がサード反対闘争に参加する場面は見慣れた方だが、旭非正規職支会のような闘争事業場労働者がこの闘争に継続的に連帯する姿は多少見慣れないように感じられる。 それで旭同志たちがどんな考えでこの闘争に連帯することになったのか、ここで何を体験したのかもっと聞いてみた。

旭非正規職支会のチャ·ホンホ支会長は、国家権力の恐るべき暴力を最初に挙げた。 9年間闘争中の旭労働者自身も資本家の悪辣な振る舞いだけでなく、警察と裁判所を前面に押し出した政権の体系的な弾圧を体験してきた。 だが、それさえも小城里住民たちが体験してきた圧倒的な暴力に比べれば何でもないということだ。 THAAD配備を強行する間、地域住民は政府から何の説明も聞くことができなかった。 支配者が騒ぐ民主主義はここに存在しなかった。 抵抗すれば一方的に暴行を受けて引きずり出された。 闘争する労働者を踏みにじるまさにその国家権力がここでは住民の抵抗を踏みにじる。

この姿を見て旭労働者たちは小城里闘争に連帯することに決めた。 その過程がただ「自然に」なされたわけではないという。 チャ·ホンホ支会長は「非常に意識的な努力」が投与されたと強調する。 支会で几帳面に討論し教育を配置し集団的決議を作っていく過程を経た。

共に前進する

このような連帯は反対に小城里住民たちが労働者闘争の現実を理解し労働者運動を支持するよう導く役割をした。 住民たちが直接旭非正規職支会決議大会に参加することもあり、2017年には「闘争事業場共同闘争」の光化門高空籠城場を訪問し力を与えた。 整理解雇、非正規職撤廃のために命をかけて戦わなければならない労働者の姿を見ながら、住民の間では「労働者の権利が尊重されない大韓民国が民主主義を完全に実現できない」という話が出回ったという。(関連文)

政権が先頭に立って助長する労組嫌悪十字砲火に対抗して労働者闘争に対する社会的支持と連帯を強化できる道がどこにあるのかちらっと見せたようだ。 この事例は私たちにもう一度重要な質問を投げかけてくれる。 組合員だけの賃金と雇用のための偏狭な要求を越えないまま労働者運動が社会的孤立から脱皮できるだろうか? 抑圧される民衆の権利のために先頭に立って闘争せずに労働者運動が「世の中を変える」力を引き出すことができるだろうか?

小城里の住民たちは苦労して闘争を続けている。 闘争する労働者たちも状況が難しいのは同じだ。 だが、そうであるほど自分の事業場の中だけに縮こまるのではなく、正反対に、より広い視野で連帯運動を作ってこそ、より強力な支持を引き出し、より力強く戦うことができる。 旭非正規職支会の同志たちがまさにその証拠だ。

方向をはっきりと

小城里闘争に連帯する労働者たちは言うまでもなく、この闘争が勝利することを願う。 韓半島での帝国主義競争と戦争危機の高まりは労働者民衆皆の生命と生存を脅かすためだ。 しかし、この地域だけの闘争では勝利できないという事実もよく知っている。 第15回汎国民平和行動の代表スローガンが鮮明に提起されたように、この事案は単に特定地域からTHAAD装備を撤収させるのに止まる問題ではなく、韓米日軍事同盟構築の試み自体を破らなければならない問題であるためだ。

旭硝子闘争8年「人生の最も美しい瞬間、闘う今」

2023年7月1日、韓国亀尾市にある工場前のろう城場で、旭非正規職支会の解雇8周年闘争決意大会が感動的に勝ち取られました。ニュース民の記事を転載します。

https://www.newsmin.co.kr/news/90720/?fbclid=IwAR2sEFUwzvRXR6DkVU3lKHOifZ6VRc4KJMtyu9kbCZQfZkZgmvReDQ7oPWw&ckattempt=1

今が私の人生で最も美しい時期です

1日午後4時、慶尚北道亀尾のアサヒグラス(AGCファインテクノ韓国)前で開かれた解雇8年を迎える闘争決議大会で、金属労組のチャ·ホノ旭非正規職支会長が話した。

「2015年に解雇され全国に通いました。 一緒に闘わなければ勝利できません。 小さくても大きくても闘争が必ず勝利してこそ旭闘争にも勝てるというのが私たち同志たちの心です。 この場を準備しながら胸が熱くなりました。 旭闘争の精神は団結と連帯です。 この8年間、22人が団結と連帯の精神で全国に通いました。 その精神を守った私たち同志たちが誇らしいです。 私の人生で最も美しい時期です。 今日この場、全国で闘争する光と塩のような同志たちが共にします。 おかげさまでここまで来ることができました。 団結と連帯で闘い続けます。 あの正門から社員証をかけて堂々と入ります」(チャ·ホノ金属労組旭非正規職支会長)

▲アサヒグラスの解雇者たちが公演後に発言している。

▲アサヒグラス闘争8年決議大会に参加者300人余りが集まった。

アサヒグラス非正規職解雇8年を迎える決議大会に8つの花が咲いた。 「青年」、「解雇闘争」、「地域連帯」、「非正規職闘争」、「希望」、「平和」、「元請け闘争」、「粘り強い闘争」である。 非正規職もうやめて共同闘争が主管した決議大会には青年、解雇者、非正規職、ソソンリ住民など闘争する市民と労働者300人余りが集まった。

彼らは8つのテーマに合わせた発言で連帯の声を続けた。 参加者たちは決意大会の初舞台であるアサヒグラス解雇者たちが準備した身振り公演に明るく咲いた笑みで応えた。 彼らは「力を入れに来てむしろ力を受けていく」と口をそろえた。

金属労組KEC支会のチョン·ギュヒョク副支会長は「力を与えにきたが、来る度に旭同志たちに力を受ける」として「旭同志たちの闘争は地域を越える連帯を示した。 韓国KEC支会は旭支会と兄弟のように連帯した。 寂しく野花が咲く時に共にし、最後まで共にする」と説明した。

コ·ジンス観光レジャー産業労組世宗ホテル支部長は「亀尾で22人の野花が労働者闘争の種を咲かせ続けている。 どれほど大切なことか。 人間らしく生きてみようと労組を作ったが、メール一つで解雇されるこの世の中でこのまま生きることはできない。 22人の労働者が工場に戻る日、韓国社会はもう少し良くなるだろう」とし、「労働者が堂々と工場に戻る姿が亀尾らしい亀尾になるようにするだろう。 世宗ホテルのリストラでも1年6ヵ月間戦っている。 私たちも必ず帰る」と話した。

現代重工業社内下請け支会のイ·ビョンラク副支会長は「旭すれば連帯だ。 私たちの業者も廃業しようとして退勤しないという覚悟で座り込みをする時、その時アサヒグラス同志たちに会った」とし、「その時アサヒグラス同志との出会いが私たちの戦いの道しるべになった。 私たちも種を全国に広める連帯闘争を作っていく」と強調した。

THAAD撤回ソンジュ対策委のパク·スギュ報道官は「ソソンリは週に5回、国家暴力が踏みにじっている。 その時、明け方に旭同志たちの車が見えれば息子を見るように心強い」とし「旭同志たちがソソンリ闘争の灯台だ。 ソソンリにも旭同志の闘争と連帯は模範だ。 私たちも心を込めて旭同志たちが一日も早く工場に戻ることを願ってやまない」と話した。

亀尾で廃業手続きを踏んでいる韓国オプティカルハイテクでも連帯発言に出た。 金属労組のチェ·ヒョンファン韓国オプティカルハイテク支会長は「初めての闘争で試行錯誤が多かったが、地域連帯と旭同志たちの連帯が力を与えた」として「近い将来労働委員会結果により会社は工場退去圧迫をするだろう。 組合員が青春を捧げて働いた工場を簡単に手放すことはないだろう。 旭同志たちが戦ってきたように、私たちもニットー資本に対抗して堂々と戦う」と強調した。

他にも提川ガンディ学校の生徒たち、韓国GM非正規職支会など全国60余りの団体で連帯のために参加し、発言と公演も継続した。 8つの花房から始まった決議大会は集会終了頃のこの日午後6時、300余りの「希望の花」で咲いた。

▲アサヒグラス解雇者たちの公演

一方、アサヒグラス解雇者たちの闘争は約束なしに延長された状況だ。 2月、大邱地方裁判所第4刑事部(裁判長イ·ヨンファ)が民事訴訟人勤労者地位確認訴訟1、2審、刑事裁判人派遣法違反疑惑1審で相次いで確認された勤労者派遣関係を認めずに覆して無罪を宣告し法廷闘争に異変が生じた。

現在、労働者地位確認訴訟は主審最高裁判事と裁判所配当はされたが、宣告はなされていない。 会社側の派遣法違反疑惑は検察上告で最高裁に渡されたが、裁判所配当はなされていない状態だ。

▲アサヒグラス闘争8年決議大会に参加者300人余りが集まった。

▲アサヒグラス闘争8年決議大会

不当解雇から8年!7・14旭非正規職支会支援連帯集会へ

旭非正規職支会支援共闘会議は「不当解雇から8年!7・14旭非正規職支会支援共闘集会」を開催します。韓国では7月1日に解雇8周年の集会が開かれます。連帯して日本でも集会を成功させましょう。ぜひともご参加ください!

不当解雇から8年!7・14旭非正規職支会支援共闘集会
日時 7月14日(金)18:40開会
場所 江東区文化センター大研修室
東京都江東区東陽4-11-3 東京メトロ東西線「東陽町」駅 1番出口から徒歩5分から

また同じ日にAGC本社抗議行動を行います。こちらへも結集をお願いします。

AGC本社抗議行動
7月14日(金)15:30
東京駅丸の内北口集合(AGC本社=新丸の内ビル移動)

AGC株主総会闘争の記録2023~韓国・旭非正規職支会

2023年3月30日AGC(旭硝子)株主総会。ついに4年ぶりの旭非正規職支会の訪日・遠征闘争が実現した。

2019年9月以来4年ぶりとなる第6次遠征闘争。

2015年5月29日、韓国亀尾(クミ)市にあるAGC韓国子会社の請負労働者138名で旭非正規職支会結成。1か月後の6月30日、メール一本で全員解雇。22名が工場ろう城場を守り、解雇撤回を貫いてまもなく8周年を迎える。

裁判所はAGC韓国の違法派遣を認め、組合員全員を正社員として就労させるようにとの勝利判決を韓国高等裁判所が示し、最高裁での勝利判決を待つ。

米日韓の中国・北朝鮮をにらんだ戦争体制の構築が進む中、日韓の労働者の国際連帯は大きな力になる。

監督はチョン・ジョンミン氏。

「旭闘争のためのビデオであり、共に闘争している人たち、闘争に関心を持ち共に行動したいという人たちのためのビデオです。したがって、どんな方式でも闘争を宣伝し、組織し、連帯するための目的であれば、無条件で自由に活用すればいいと思います。」

日本から階級的労働運動を作り出そう!闘争!투쟁!

3・3AGC本社抗議行動から3・30株主総会抗議行動へ!

日韓労働者連帯で解雇撤回を!

AGCは違法派遣の責任を取れ!

韓国ユン政権は労働組合弾圧やめろ!

 韓国民主労総・旭非正規職支会の解雇撤回・職場復帰をかけた闘いは8年を迎えようとしている。AGCの違法派遣を断罪する闘いが前進し、地位確認訴訟1審2審、違法解雇の損害賠償裁判、派遣法違反刑事1審で組合の勝利判決が続いた。最高裁での勝利判決が出て、組合員が正社員として職場復帰を果たす日は近いと思われた。
 ところが、2月17日、韓国テグ高裁は派遣法違反の刑事裁判で被告のAGC韓国に逆転無罪判決を出して衝撃が広がった。1審では当時のAGC韓国社長に対して懲役6か月、AGC韓国に対しても罰金刑、雇用主の請負会社にも有罪判決だった。韓国における長年にわたる違法派遣をめぐる判断基準をくつがえす乱暴な判決に韓国で怒りと弾劾が強まっている。この判決を出した部長判事がAGCの代理人をつとめる法務法人太平洋出身のイ・ヨンファだったことが疑惑を生んでいる。旭非正規職支会は、テグ高裁前での連日の抗議行動に立っている。
 韓国・ユン・ソンニョル政権の労働組合敵視政治が進行している。民主労総を北朝鮮のスパイだなどと時代錯誤・時代逆行の弾圧を行っている。米バイデン政権は、本来中国の国内問題である「台湾問題」に介入して、中国による侵略、世界秩序(米主導の)への挑戦だとして、習近平中国打倒の全面戦争を射程にいれた政治を始めている。日本も韓国もそれと一体化する道を進んでいる。労働組合を敵視し、弾圧している。
 労働者の国境をこえた団結で戦争に反対し、労働者がまともに生きている社会を建設するために、韓国の労働者と団結して勝利しよう。