[同行取材]’20年来の友人パクムンジンのそばへ’痛い体にも歩くキム・ジンスク指導委員のクリスマス

ガン闘病中のキム・ジンスク指導委員、嶺南(ヨンナム)大学医療院の向かって180km徒歩行進

この23日、昨年から、がん闘病中のキム・ジンスク(59)民主労総釜山本部指導委員が釜山から大邱まで100km以上の距離を歩くという消息がツイッターを通じて伝えられた。 彼は’、労組破壊の真相究明と元職復職’を向けて170日以上、大邱(テグ)嶺南(ヨンナム)大学医療院の屋上から高空籠城中の同志パクムンジン(59)保健医療労組の執行委員に会うために道を乗り出すと明らかにした。
朴指導委員は2006年嶺南(ヨンナム)大学医療院州5日制の実施などを要求し、三日間ストを行った翌年解雇された。 一緒に解雇されたこれらのうち7人が、裁判所判決によって復職されたが、朴指導委員を含めた3人は救われなかった。 その間1000人に迫っていた嶺南(ヨンナム)大学医療院支部組合員は70人に急減した。 これらは、労組の原状回復、解雇者復職に向けて13年間戦っている。
金指導委員が歩くというニュースが流れると、人々が集まった。 金指導委員を大切にする労働者、市民、朴指導委員の闘争勝利と高空籠城終了を祈る人々が一緒に歩くことにしたのだ。 道クリスマス1日彼らと同行することにした。 徒歩行進参加者たちは25日正午から四時間半の間、17km以上の距離を歩いた。

日差しが降り注ぐ、京釜(キョンブ)線、三浪津駅の前に四十人余りの彼らが群がって集まった。 五歳の子供から定年退職した60代まで多様な年齢層の人たちだった。 簡単な準備運動をして記念写真を撮った彼らは、「嶺南(ヨンナム)院解雇者原職復職」「嶺南大医療院労組脱退源泉無効」という文字が書かれた蛍光黄色のベストを着たまま、歩き始めた。

行列の一番前には金ジンスク指導委員とシム진ジンホ金属労組韓進重工業支会長がいた。 後に従う人たちは、それぞれ気楽な速度で歩きながら話を交わした。 行列にはソウル、釜山(プサン)から来た労働者たちと大邱(テグ)から来た市民たちが入り混じっていた。 休日に休みたい気持ちに勝って出た彼らは、「キム指導委員が歩くのに気になって出た」 「パク指導委員の高空座り込みを終わらせるよう力添えをしたかった」と口をそろえた。

大邱(テグ)で市民団体活動をしているというチャン명ミョンスク氏は、「友達と一緒に来た。 「朴指導委員とは知り合いの仲だ。 高所ろう城がもう178日目になるんだけど、してくれるのがなくて歩くことでも一緒にしようと出た”と話した。 カトリック信者という彼は、「今日イエスさまが生きていたら、どうされただろうかと思った。 クリスマスにこの地に生きているイエスである労働者たちと一緒に過ごすのがよさそうだった」と明らかにした。

釜山本部のイ 조직ミョンウィ組織局長は、「パク指導委員は真夏に入ったが、真冬になった。 数日後には日が変わる”とし「政治がすべてを解決できるわけではないが、その気になれば解決するために出ることもあるのではないか。 労働者の声に政府が耳を傾けてほしい」と述べた。

朝日グラスのチャ헌ホンホ非正規職支会支会長は、「朝、目が覚めたら来ないといけないと思って、そのまま駆けつけた」とし、「徒歩行進で連帯できて幸せだ。 韓国の労組も多くの連帯を受けている。 その連帯をお返しする心」と話した。 そして、「金指導委員は本当にすばらしい。 有名な方だが、出世の道を探さず、労働者のそばにいらっしゃる。 彼女について歩くという意味もあるようだ」と感想を述べた。

韓進重工業支会のチャ해도ヘド組合員は、「キム指導委員が歩くと聞いてきた。 「数十年一緒にやってきた。 この徒歩行進も終わる日まで一緒にする」とし、「金指導委員が闘病中にこの程度でも気力をつけて人にも会って活動するとは幸いだ。 今回を機に、とんとん拍子に出て活動もすることを祈っている」と語った。

徒歩行進の参加者たちはゆっくり歩いて三浪津邑の松芝市場を通り、弥田川沿いを歩いた。 一時間に一度は足を止めてくたびれた足を休んだ。 準備してきた水を飲んでゆで卵、餅と果物を分けた。 疲れたりするが、顔からは笑みが絶えなかった。

同日会った金指導委員は少し青白かったが、強健な姿だった。 彼は徒歩行進の間,疲れずに人々の間を歩きながら疲れずに歩き回った. 知人たちと喋り、笑ったりもした。 休む時は多くの人と一緒に写真も撮り、自分が作った 만든パク문ムンジン頑張れ’扇子を手に持って撮影を頼んだ。 全快したわけではなさそうに見えたが、我らの心の中の ‘塩の花木’は相変わらずの姿であった。

近況を尋ねると、彼は「痛かった」と答えた。 抗がん治療後、体力が落ち、髪の毛も抜け、最近は黄疸に関節炎まで患ったという。 それなのに、なぜ釜山から大邱まで歩くことにしたのかと尋ねると、「パク문ムンジンをよく知っているので、じっとしていられなかった」と答えた。

闘争する女性労働者として、友達として二人は20年余りの歳月を一緒に暮らしてきた。

金氏によると、2人は1996年、釜山(プサン)病院労組闘争の現場で出会って知るようになり、同年輩と親しくなったという。 1997年~1998年には一緒に45日間、インド、ネパール旅行を通いながらとても戦ったが、依然として友達とした。 キム指導委員は笑い話を交え、「友達がいないのが残念だった。 現場を歩き回るとまた会うことになり、あれほど戦ったのを忘れて、再びサンティアゴ巡礼の道でも行こうと言った」と語った。

二人みんな解雇の痛み、高所ろう城の痛みを知っている。

キム指導委員は、「私は解雇者なので、解雇者の気持ちは誰よりもよく知っている。 私は嶺南(ヨンナム)大学医療院民主労組の過去を知る人だ。 1千人を超える組合員がい、闘争の盛り上がりは大変なものだったが、今は、組合員が100人にもならないように減少した。 13年間、それをすべて見守ったパクムンジンは、果たしてどんな気持ちイオッゲッナ。 私も2011年以降、韓進(ハンジン)重工業に複数労組の作られていてそんな過程たちを体験した。 以心伝心で始めたと思えばいい」と語った。

この2011年金氏が韓進重工業整理解雇を防ぐため、影島造船所85号グレーンに上がって309日、高所ろう城する間、朴指導委員は、数回の現場を訪れたという。 朴指導委員は来たという話もなく、クレーンの下で黙々と席を守り、金指導委員は写真で友人の姿を確認してきたことを知るほどだったという。 本当に「COOL」だが、「粘り強い」間柄だ。

キム指導委員に今回の徒歩行進で、「友人に心の借りを返すのか」と尋ねると、「そういうことになった」と答えた。 彼は、朴指導委員の高所ろう城が100日を超えた二ヵ月前から、争いが長くなるという考えに徒歩行進の準備をしてきたという。 歩く区間を少しずつ増やして練習し、足の筋肉をつけるために運動もした」と話した。 出発数日前には「もう歩けるだろう」と思い、そのため旅に出たという。

「パク指導委員を応援する多くの方法のうち、なぜ歩く仕事を選んだのか」と尋ねると、キム指導委員は「双竜車の同志を見てそうしている」と答えた。

この2011年7月、金属労組双龍(サンヨン)自動車支部の組合員は韓進重工業整理解雇事態の解決を促し、京畿道平沢で出発して釜山(プサン)まで計400Kmに達する徒歩行進をした。 韓進重工業より先に整理解雇の苦痛を経験した彼らが、同病相憐れむ心で道に出たのだ。 当時、双龍車の労働者たちが大邱(テグ)を通って釜山に向かった時、朴指導委員も参加したという。

キム指導委員は当時、そのことが「一番感動した」とし、クレーンの上でツイッターを通じ、水ぶくれができた足の写真、雨に濡れながら歩く写真を見て、「双龍車の仲間たちの気持ちがどうだったか分かった」と語った。 続いて「今、私もそんな気持ちだ。 実は今の私にできることもあまりない。 それでゆっくり友達に向かって歩いてみることにした」と付け加えた。

24日、双龍車の会社側は最後に復職しなければならない無給休職者47人に’期限なしに休職を延長する’と通告した。 この話を聞いたキム指導委員は、「熱が入りすぎている。 「私はもともと悪口を言わず、本当に上品な人だが、我慢できない。 資本家は犬畜生だ」と一喝した. また、双龍車の労働者に「さらに持ちこたえなければならない時間だ。 私たち身も心も壊れずに。 頑張ろう。ファイト!」とエールを送った。

キム指導委員は徒歩行進による「連帯」がパク指導委員に力になると確信した。 彼は”連帯より大きな力がどこにあるかよ?”と”2011年私も座り込み158日目に希望バスが来る前にはほとんど報道が行われなかった。 闘争する組合員同士がやせ衰えていた。 そして、「金汝鎮(キム여ヨジン)と突然外部勢力が来て希望バスが来たため、政界も関心を持ち、聴聞会、国政監査を経て問題が解決した」と述べた。 さらに、「徒歩行進をすれば、社会とマスコミで嶺南(ヨンナム)大学医療院の高空籠城問題に関心を持つようになり、そうすれば中断されている会社側との交渉も進展があるだろう」と期待を示した。

長い徒歩行進の末、嶺南(ヨンナム)大学医療院で朴指導委員を会ったら何をしたいかと尋ねたところ、金氏は”確かに何をして、建物の下で顔も見て’私行く’してこよう”すると、”あ!靴も一足買ってって言ってるだろう”とにっこり笑った。 彼は「私たちが実際に会えば、それほど親しくはない。 ムン규ギュヒョン神父とムン정ジョンヒョン神父が一緒に座り、 ‘私たちあまり親しくはない’とおっしゃるのと似ている」と述べ、記者の笑いを誘った。

参加者たちは、密陽(ミルヤン)の川辺に沿って密陽市内まで長い堤防の道を二時間以上歩いた。 午後3時40分ごろカンドゥクギルに立ち止まった彼らは再び休息を取った。 靴と靴下を脱いで裸足になり、円形に囲まれてウォーミングアップ運動を始めた。 司会者は「こんな出会いは初めてだ」というスローガンを叫び、「歩きながら感じた感じを体で表現しよう」と提案した。 参加者たちは、手を高く上げて足を蹴って回転するなど、各自のやり方で気持ちを表した。 金指導委員も興じて参加した様子だった。

正午に始まった徒歩行進は4時間30分が過ぎた日が暮れるころ密陽(ミルヤン)駅広場で終わった。 金氏は3日目徒歩を完走した感想を尋ねられると”あ、遠い。 嶺南大医療院が 밀密陽(ミリャン)쯤ぐらいだったらいいのに」と話し、笑いを誘った。 行進参加者たちは記念写真を撮りながら、達成感と連帯の喜びを分かち合った。 最後に「パク문ムンジン同志、がんばれ!」「嶺南大医療院労組、がんばれ!」を広場に響き渡るように大声で叫んだ。

https://www.vop.co.kr/A00001457193.html

AGC豊田工場にて宣伝行動

9月27日、東海合同労働組合の旭非正規職支会支援共闘会議の仲間たちが、AGC旭硝子豊田工場前で宣伝行動を行った。

青年部の仲間・上本さんからの報告を掲載します。

===

本日、東海合同労組は、先日に来日し、旭硝子本社前闘争を闘い抜いた、旭非正規職支会との連帯闘争として、旭硝子豊田工場前で、情宣活動を行いました。

私については、旭非正規職支会支援共闘会議のビラの読み上げと、韓国地方裁判所で出された、「旭硝子は、旭硝子非正規職支会の解雇を撤回し、直接雇用せよ」とする判決の内容を明らかにしました。
そして、旭硝子本社の責任を追求し、旭硝子豊田工場で働く労働者に対して、旭硝子非正規職支会と共に闘うことを訴えました。
併せて、11・3労働者総決起集会への結集を訴えました。

青年部の仲間からも、旭硝子豊田工場で働く労働者に向けた、日韓労働者の団結と、国際連帯で社会を変える方針が打ち出されました。

旭硝子豊田工場前での、旭硝子非正規職支会連帯闘争、無事に貫徹できました。

11・3、関生弾圧粉砕の労働者総決起集会へ、共に闘いましょう☆