AGC京浜工場で宣伝行動


神奈川の会員からの報告です……

12月16日、横浜市鶴見区にあるAGC京浜工場で朝ビラを行いました。

工場門前に3枚の横断幕、そして合同労組かながわののぼりを立てたので、かなりの注目で、バスの中からもみている人も多くいたようです。

工場敷地内は、建屋の新築などが進んでいて、工場労働者だけでなく、事務系や技術者などの多くなっている感じを受けます。

ACG資本の新たな戦略ということもあるのか、と思います。

来年は、映画上映会(交流会)の計画し、もう一歩、組織化に踏み出していきたいと、思っています。

=====

AGCは2020年12月10日付で「代表取締役の異動について」とのプレス発表を行い、島村琢哉社長が2021年1月1日付で代表権を持たない会長職に異動する理由に関して、「ガバナンス体制刷新」としました。旭非正規職支会の闘いは、重要な局面に入りました。日本でともにAGCを追い詰める闘いを強化しましょう。

https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/cnd0xj/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です