9/6第5次遠征団とともにAGC本社を弾劾!

9月6日㈮。

旭非正規職支会第5次遠征団の滞日最後のAGC本社への申入れ・抗議行動。

11時に東京駅丸の内北口に集合して早速AGC本社に申し入れ。

対応に出てきた総務部中村主任は、3日前と同じように、韓国法人が適切に対応している、本社は対応する立場ではないと、オウムのように繰り返す。オスイル副支会先頭に、ミンドンギ法規部長、ソンドンジュ文化体育部長が次々と追及する。怒りを抑えながら。特にこの日は韓国検察庁から違法派遣容疑で起訴されると退職して雲がくれしてしまった原納猛(はらのたけし・当時の韓国法人社長)について問いただした。人事も雲がくれも本社の指示は疑いようがない。答えられない、と逃げる中村に対して、勝利するまで何度でもやってくると決意を叩きつけた。

外に出て、全体で怒りのシュプレヒコールを叩きつける。

本社は責任を取れ!

判決に従え!

島村社長は出てきて謝罪しろ!

横断幕を広げて座り込む。交代でマイクを握りアピールを行い、ビラをまく。夕方まで持久戦。

連日予想以上に受け取りがよく、ビラが足りなくなって、あわててコピーに走る。

警備会社の警備員も最初は敷地に入るなとうるさかったが、あまり言わなくなる。彼らも労働者。アピールに共感するのがわかる。

夕方。

本社に対するシュプレヒコールを再度あげて、東京駅丸の内北口の方へ横断歩道をこえて移動。

丸の内から退勤する労働者に対して、ビラまきとマイクアピール。

仕事をおえてかけつけた労働者も宣伝戦に加わる。

今までで最大の人数になる。これだけの人数がいると、退勤の人渦にも負けない。ここでも旭支会の仲間がマイクを握る。

安倍政権によって韓国に対する敵意があおられる中、中には、敵意を示す人もわずかにいた。

しかし、労働者はひとつ。日韓の労働者の国際連帯で社会を変え、戦争を止めよう、というアピールは、大きな共感をつくり出し、明日への希望をつくり出した。

旭非正規職支会支援共闘会議は、絶対にAGC旭硝子のふざけた対応を許さない。必ずや国際連帯の力で、旭支会の職場復帰を勝ち取る決意だ。

日韓労働者共同声明書

<日韓労働者共同声明書>

国境を越え労働者は一つ!
日韓労働者すべての権利と平和のため共に闘おう!

去る9月2日から旭硝子非正規職労働者は、日本遠征闘争を行った。旭硝子(現AGC)

本社に対する抗議面談闘争、旭系列社宣伝戦、東京市内宣伝戦、動労千葉労組をはじめ日本の労働者たちとの懇談会などを行った。日本の労働者たちと労働団体が集まり作った旭非正規職支会支援共闘会議は、旭労働者たちのすべての闘争を共に担っている。

旭硝子はメール1通で下請け労働者178名を解雇した。解雇された労働者たちは4年3カ月闘っている。去る8月23日韓国の裁判所は旭硝子に対し、解雇労働者を「直接雇用しろ」という判決を出した。旭硝子は裁判所の判決を履行せずにいる。旭非正規職労働者は屈っすることなく、日本の労働者たちと国際連帯を繰り広げ、力強く闘っている。

日韓の葛藤が拡大している。安倍政権とムンジェイン政府はこの機会を利用し、労働者の権利を弾圧しようとしている。安倍政権は、「働き方改革」の名において労働法制の全面的な解体に走り出し、関西生コン支部のように、戦闘的に団結し闘おうとしている労働者たちを標的にし、途方もない弾圧を振り下ろし、「労働組合が存在しない社会」への突破口を開こうとしている。昨年から延べ80名を超える労働者が逮捕され、被起訴者64名、委員長などは今も拘束されている。ムンジェイン政府も特別延長労働許容、化学物質規制緩和措置、裁量労働制活用拡大など、労働弾圧を強行しようとしている。われわれは日韓政府と資本家たちの労働弾圧と労働改悪に反対する。

われわれは共に安倍政権の軍国主義復活に反対する。安倍政権の帝国主義的政策に立ち向かい、共に闘う。戦争の危険を取り払い、平和が実現することを望む。日本と韓国の労働者同士は敵ではない。われわれは国境を越えた労働者の団結と一つになった闘いを実践している。日韓労働者が互いにより多く交流し、連帯することを望む。

2019年 9月 6日
旭非正規職支会支援共闘会議、旭非正規職支会、動労千葉国際連帯委員会

第5次遠征団、AGC旭硝子本社に迫る!

2019年9月2日、韓国・亀尾(クミ)市から、旭非正規職支会の第5次遠征団が来日した。オスイル副支会長、ミンドンギ法規部長、ソンドンジュ文化体育部長、取材で同行した労働解放闘争連帯のイヨンドク氏の4名だ。

ソウルを発つ第5次遠征団。左からオスイル氏、ソンドンジュ氏、ミンドンギ氏、イヨンドク氏。

9月3日には、11時に日本の旭非正規職支会支援共闘会議のメンバーとともに、東京駅丸の内北口・新丸の内ビルのAGC旭硝子本社への申し入れ行動を行った。事前に旭支会、支援共闘会議の双方から、話し合いに応じるように文書で申し入れていたが、「会うことはできない」と回答が返ってきていた。

しかし、これこそ許すことができない。新丸の内ビル1階のAGC本社の受付で来訪を告げる。

取り次ぎを受けた担当の総務中村マネージャーは、電話口に支援共闘会議の代表を呼んで、会わないという。支援共闘会議山本議長が、韓国からわざわざ来ているんだから話ぐらい聞いてくれという。5分か10分しか時間がない、その時間で切り上げることを条件に、と一方的にいって、2名で下りてきた。

旭非正規職支会のオスイル副支会長を先頭に3名の組合員が、地位確認裁判の判決に従うべきだと、会社に迫る。中村マネージャーは、韓国法人が適切に対応している、本社が何かをいう立場にはないと、繰り返す。まったく許せない。3組合員が次々と会社に迫るが、答えは変わらない。時々時計を見て、時間である、これ以上は対応できないと、最後はガードマンに囲まれて逃げ戻った。

旭非正規職支会遠征団と支援共闘会議は、即座に、AGC旭硝子本社に対して、断固たる抗議行動に入った。

本社前と東京駅丸の内北口周辺は、怒りのシュプレヒコールと弾劾の嵐に騒然となる。「AGC旭硝子は話し合いに応じろ!」「判決に従え!」「組合員を職場に戻せ!」「島村社長は責任取れ!」の声が響き渡る。

ビラの受け取りはかつてなくよい。がんばってくださいと声をかけていく人も多い。

抗議行動は17時まで、本社前で闘い抜かれた。

AGC旭硝子は判決に従え!労組破壊・違法派遣の責任取れ!

韓日労働者の国際連帯で社会を変えよう!

 8月23日、韓国大邱(テグ)地方裁判所は、4年前に解雇された旭非正規職支会組合員について、違法派遣を認め、会社側に”雇用の意思を表示せよ”と判決しました。2月に韓国検察庁が、AGC旭硝子韓国子会社を違法派遣で起訴したのに続くものです。

 最低賃金ギリギリの賃金で、土日も休めない、風邪を引いても休めない、昼食時間は20分、ミスをすると懲罰で赤いチョッキを着せられる。文句を言おうものなら解雇が待っている。こんな会社で、請負労働者が労働組合をつくって要求したことは、わずかばかりの時給の賃上げと作業服と弁当の改善でした。

 AGC旭硝子は、労働組合をつぶすために、請負会社まるごとつぶし、178人全員をメール1本で解雇させたのです。

 旭非正規職支会は、このような野蛮な仕打ちに対して、労働者の誇りにかけて、5年目の解雇撤回闘争を闘いぬいています。現在、韓国から3人の組合員が、AGC旭硝子本社に対して、「判決に従え!」と申し入れるために来日しています。私たち、日本の旭非正規職支会支援共闘会議は、日本のAGC旭硝子本社の責任を追及して、ともに闘います。  安倍政権による、韓国への敵意をあおる政治が行われています。韓日の労働者が団結して、労働者が人間らしく生きられる社会をつくること。ここに私たちの希望と展望があります。みなさんのご支援をお願いします。

途中で韓国の闘争勝利の連帯メッセージ写真を撮影。

韓国MBS放送も取材に来た。

また同じ3日夕方、 関西合同労組、大阪北部ユニオンなど旭非正規職支会支援共闘会議の関西の仲間は、AGC関西工場(尼崎事業所)に同じビラをまいて、宣伝戦を行った。

DSC_0979
DSC_0975
DSC_0986

安倍政権が、韓国に対するウソとデマで敵意をあおる中で、労働者の国際連帯の力で安倍を打倒しようという強い思いで、支援共闘会議はともに闘う。さらにみなさんの合流をお願いしたい。次は9月6日(金)11時から18時30分まで宣伝戦を行います。東京駅丸の内北口~新丸の内ビルに集まってください。

MBCニュースデスク こちらで見られます。

http://imnews.imbc.com/replay/2019/nwdesk/article/5479785_24634.html?menuid=nwdesk&fbclid=IwAR1ZBZM4oa7Vdh_5J2SI7yB8UhyqtQA_LR0FY65UcZxR2z_Fumpk9fe_kro