判決は8/11に延期。被告の不出席で!

2021年8月9日、この日は7月14日に出る予定だった旭硝子韓国子会社元社長などに対する不法派遣の責任を問う刑事裁判の判決が延期されて、再度の判決予定日だった。ところが、被告のうちの一人・元請負会社の社長が無断欠席。全員揃っていないと判決は出せないと、8月11日に延期された。AGC旭硝子韓国子会社AFKの当時の社長・原納猛もコロナを理由に欠席している。全く何という奴らだろう。絶対に実刑で刑務所に送らなければならない!

以下はチャホノ支会長のフェイスブック投稿。悔しいことだろう。

『6年間待った「旭不法派遣」判決、被告が出席せずに再び延期。 ソウルにいると言って出ないで…』

http://www.pn.or.kr/news/articleView.html?idxno=18900

旭硝子:6年間待っていた判決、非出席で延期

記事承認 2021.08.09 15:31:47

– 1審判決当日、被告4人のうち下請会社の代表は出席せず、「ソウルに行って」

裁判所「有罪·無罪、流出可能·分離宣告不可」、2日延期の11日判決

解雇者「6年待っていたのに虚しい…」厳重処罰」を促す。

慶尚北道亀尾(キョンサンブクド·クミ)工場社内下請非正規職労働者178人を不法派遣した疑いが持たれている日本の旭硝子に対する判決当日、被告人のうち下請会社の代表者が裁判に出席しなかったため、裁判所が判決を延期した。  

大邱地裁の金泉支部刑事1単独(金善淵〈キム·ソンヨン〉裁判長)は9日、違法派遣(派遣労働者保護等に関する法律違反)の疑いで在宅起訴された元請業者の旭硝子(株)、原野武史(69)代表取締役、下請業者のジーティーエスのチョン代表取締役(55)をはじめ、旭グラス韓国株式会社代表取締役のキム代表、ジーティーエスの清算人代表者ら4人に対する1審判決期日を開いた。

 

▲大邱地方裁判所金泉支院(2021.8.9)写真。金英和(キム·ヨンファ)平和ニュース記者

しかし、被告4人のうち、下請会社代表者が宣告される姿を現さず、裁判が中断された。 元受会社代表の原野武も判決審に出席しなかったが、公示送達の手続きを踏んで裁判を開廷することができた。 一方、下請代表の李某氏の場合、裁判所に何の通知もなく出席しなかった。

裁判長は「被告全員が出席しない場合、判決が不可能だ」として法廷に出席した者に告知した。 さらに、法律代理人側に連絡し、「今日中に出席が可能か確認してほしい」と命令した。 その結果、Lさんは「ソウルで裁判に出席できない」と告げた。

刑事裁判で被告人が特別な理由なく出席しない場合、裁判所は拘引令状を発行して強制的に拘引することができるが、裁判長はこの日、この方式を使用しなかった。 その代わり、李被告に出席可能な日を再度確認し、同日、法廷に出席したほかの被告人らにも同意を求め、日程を再び調整した。

裁判長は「分離宣告が不可能な上に有罪·無罪流出の可能性がある」とし「やむを得ず宣告を延期する」と明らかにした。 また「多くの労働者が外で待っているが、出席者は理由を伝えてほしい」と付け加えた。 

旭硝子の元下請代表者に対する1審判決は11日午後に二日延期された。

 

▲「旭硝子不法派遣厳重処罰」法廷前の解雇者たち(2021.8.9)写真。金英和(キム·ヨンファ)平和ニュース記者

メール一通で15年に解雇され、6年間復職闘争を繰り広げている旭硝子の解雇労働者らは残念がった。 旭硝子非正規職支会の車憲鎬(チャ·ホンホ)会長は「6年待っていたのに下請代表が出席せず宣告が延期され虚しい」とし「2日後の宣告審では犯罪企業に対して厳重処罰があることを願う」と促した。   

一方、ガラスを生産する三菱電機大手の旭硝子は、2009年から2015年まで、慶尚北道亀尾の製造·生産工場に雇用労働部長官の許可なしに社内下請非正規職労働者を「不法派遣」して韓国派遣法に違反したとして裁判にかけられた。 検察は元請代表には懲役6ヵ月、下請代表には懲役4ヵ月を求刑した。 特に、会社側は15年、亀尾工場の社内下請け非正規職労働者178人を一度に解雇し、議論を呼んだ。 大邱地裁金泉支院第1民事部(パク·チボン部長判事)は2019年8月23日、労働者の地位確認訴訟1審判決審で「職雇用」の判決を下したが、会社側は依然として解雇者を復職させずにいる。

平和ニュースの金ヨンファ記者movie@pn.or.kr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です