【ニュース民・写真特集】旭硝子(AGC)労働者2015年5月から2021年8月11日まで

【写真】旭硝子(AGC)労働者2015年5月から2021年8月11日まで

By チョン・ヨンギル – 2021-08-1123:47

[編集者注=11日午後1時40分、大邱(テグ)地裁金泉(キムチョン)支部刑事1単独(金ソンヨン裁判長)は、派遣労働者保護などに関する法律(派遣法)違反罪で原納猛(はらのたけし)元旭硝子(AGC)代表の懲役6ヵ月、執行猶予2年、チョン・ジェユン元ジーティーエス(GTS)代表の懲役4ヵ月、執行猶予2年を言い渡した。 旭硝子とGTS法人にもそれぞれ罰金1,500万ウォン、300万ウォンを言い渡した。 旭硝子(AGC)の解雇労働者が告訴して6年ぶりのことだ。 <ニュースミン>は旭硝子(AGC)の労働者たちが2015年労組を結成した5月から報道した写真を集めた。]

http://www.newsmin.co.kr/news/61117/?fbclid=IwAR2Ynqxzh40_5ynhi4lQLmt8jlI6JgkGWTrN9JuToPmdS8i7k1Lk7INtxkw

2015年4月 旭硝子、社内下請労働者に辞職勧告

15年5月29日、労働者140人あまり、旭社内下請労働組合結成(関連記事=欧米非正規職労働者として希望されるだろうか?) 旭社内下請労組を結成)

▲2015年5月、旭硝子工場前に掲げられた垂れ幕

2015年6月15日、旭社内下請労組、下請会社ジーティーエス(GTS)と初の団体交渉(関連記事=【インタビュー】 チャ・ホノ旭グラス社内下請労組委員長)

▲2015年6月17日 チャ・ホノ旭社内下請労働組合委員長

2015年6月30日旭硝子、下請業者ジーティーエス(GTS)に7月31日付け請負契約の解約を通知

2015年7月1日、旭硝子、下請け会社GTS労働者に出勤中止通知、工場前のテント立てこもり突入

▲2015年7月2日に突入したテント座り込み現場の写真 [写真=旭硝子社内下請け労組]

2015年7月3日 希望退職受付開始

2015年7月29日 ジーティーエス整理解雇通知

2015年7~8月 旭硝子非正規職労働者、不当労働行為、派遣法違反で告訴

OECD多国籍企業ガイドライン違反で陳情

平成27年8月旭硝子大量解雇事態解決のための亀尾(クミ)市民署名3万4千人

▲2015年8月、旭社内下請労組と亀尾地域の市民社会団体が、旭硝子大量解雇事態の解決を求める全市民署名運動の記者会見を開いている。

2015年9月5日、「旭社内下請労組闘争勝利連帯ハンマダン」東洋セメント労組、現代重工業社内下請支会、現代自動車非正規職支会、韓国ジーエム群山非正規職支会など全国の社内下請非正規職労組300人余りが参加

▲2015年9月5日午後4時30分、慶尚北道亀尾市山東面(キョンサンブクド·クミシ·サンドンミョン)の旭硝子工場前で「旭社内下請労組闘争勝利連帯ハンマダン」文化祭が開かれた。

▲2015年9月5日午後4時30分、慶尚北道亀尾市山東面(キョンサンブクド·クミシ·サンドンミョン)の旭グラス工場前で「旭社内下請労組闘争勝利連帯ハンマダン」文化祭が開かれた。

2015年9月9日、緑の党、「非正規職弾圧旭硝子圧迫」を国際連帯要請

2015年9月10日 旭硝子国会産業通商資源委員会国政監査

2015年10月1日 旭硝子国会環境労働委員会国政監査

▲2015年10月1日、国会環境労働委員会の国政監査に出席したキム·ジェグン·旭硝子本部長。

2015年10月5日、旭社内下請労組が亀尾市役所前で座り込みに突入

▲旭社内下請労組は、亀尾市が事態解決に乗り出すまで、旭硝子工場前での座り込みとともに市役所前での座り込みを続ける計画だ。 [写真=旭社内下請け労組]

2015年10月13日 亀尾市労使民政実務協議会、旭硝子問題解決のための懇談会開催

▲懇談会では、旭硝子、GTS、労組がそれぞれ1人ずつ証人として出席したが、積極的な解決策よりは質疑応答の水準にとどまり、「労組をやらなくてはならないのか」という質問も出てきて残念だった。 亀尾市は「早急な解決に向けて関係機関の協議を続けていく」としているが、労組は「形式的な場で協議会を持続するのは意味がない」という立場だ。

▲2015年10月、亀尾市役所前の旭硝子労組座り込み場。

2015年10月22日、大量解雇事態の解決を促した旭硝子の解雇労働者が亀尾市役所前で南ユジン亀尾市長の車両にぶつかり病院に入院

▲旭硝子下請け会社の解雇労働者が対話を求めている途中、ナム·ユジン亀尾市場の車両にぶつかった。 [写真=旭社内下請け労組]

2015年10月30日亀尾市、旭社内下請労組に立てこもり現場撤去通知…電気も切るよ。

平成27年11月16日旭社内下請労働組合、金属労組加入。 金属労組旭非正規職支会に名称変更

▲2016年1月、旭非正規職支会組合員のアン·ジンソク。 テント立てこもりの現場で

▲2016年1月、旭硝子工場前にて

▲2016年1月、旭硝子工場前にて

▲2016年1月12日、大邱(テグ)参加連帯の姜錦洙(カン·グムス)事務処長(左)がチャ・ホノ金属労組旭非正規職支会長(右)に連帯基金を渡している。

▲2016年1月12日、大邱·亀尾市民社会団体が非正規職解雇闘争200日を控えた旭硝子の座り込み場を訪れ、労組(金属労組旭非正規職支会)に連帯基金200万ウォンを渡した。

▲2016年3月15日、旭硝子大量解雇事態解決のための総選挙実践団結成の記者会見を開いた。 [写真=金属労組旭非正規職支会]

2016年3月25日、中央労働委員会、旭硝子の不当労働行為判定

▲2016年2月12日の旭硝子工場入口写真。

2016年4月21日亀尾市、旭硝子労組の立てこもり現場を強制撤去

▲2016年4月21日午前、亀尾市が旭硝子非正規職労組の座り込み現場2カ所に行政代執行を行った。

▲2016年4月21日午前、亀尾市が旭硝子非正規職労組の座り込み現場2カ所に行政代執行を行った。

▲2016年4月21日午前、亀尾市が旭硝子非正規職労組の座り込み現場2カ所に行政代執行を行った。

▲2016年4月21日午前、亀尾市が旭硝子非正規職労組の座り込み現場2カ所に行政代執行を行った。

2016年5月1日 旭非正規職労組、工場前の座り込み場を再び設置

▲126周年世界メーデーを迎えた慶尚北道地域決議大会の参加者らが亀尾市役所によって強制撤去された金属労組旭非正規職支会の座り込み場を建て直している。

▲ホ・サンウォン金属労組旭非正規職支会組合員

▲2016年6月3日、金属労組は亀尾市庁前で集会を開き、座り込み現場の強制撤去に対する抗議書簡を渡そうとした。 しかし、警察によって進入路から塞がれた。

▲2016年6月3日、チャ・ホノ金属労組旭非正規職支会長は、立てこもり現場の強制撤去に対する抗議書簡を亀尾市に伝えようとした。

▲2016年6月22日、亀尾警察署は労組が集会を申請したことに対して場所の変更を通告したが、これを受け入れなかったため、集会禁止を通告した。 亀尾市庁は進入路の歩道に花壇を設置した。

▲2016年7月25日午前11時、大邱地方検察庁金泉支庁前で検察糾弾の記者会見を開いた。 [写真=金属労組旭非正規職支会提供]

▲2016年8月の2015年ゼネスト闘争で収監中のペ·テソン民主労総元組織争議室長が旭非正規職労組に送った手紙。

▲2016年9月11日、曹渓宗社会労働委員会が亀尾旭硝子の座り込み場を訪問した。

▲2016年9月11日、曹渓宗社会労働委員会が亀尾旭硝子の座り込み場を訪問した。

▲2016年10月6日国会環境労働委員会国政監査。 証人答弁する金在根(キム·ジェグン)旭硝子労務担当取締役(右)とこれを見守る車憲鎬(チャ・ホノ)支会長

▲ 2016年10月6日国会環境労働委員会国政監査。 旭硝子の非正規職解雇者たちが国政監査が開かれる大邱(テグ)雇用労働庁の前でピケットデモをしている。

▲2016年11月14日、金属労組旭非正規職支会組合員らが朴槿恵退陣を求めるピケットデモを行った。

▲2016年11月14日、朴槿恵(パク・クンヘ)と朴正煕氏支持者たちが’朴槿恵退陣’ピケットを奪おうとしている。

▲2016年11月19日旭非正規雇用闘争500日。

▲2016年11月19日旭非正規雇用闘争500日。

▲2016年11月19日旭非正規雇用闘争500日。

▲2017年1月10日、旭硝子の解雇労働者が不法派遣告訴17月目、黙り込んでいる検察糾弾記者会見を開いた。

▲2017年1月25日、旭硝子の解雇労働場の占拠現場の内部の様子だ。

▲▲2017年1月25日の旭硝子の解雇現場への座り込み入口。

▲2017年1月25日、慶北亀尾旭硝子テント立てこもり場で出会ったオ·スイル組合員。

▲2017年4月14日、光化門付近のビルの広告塔に上った労働者たち。 旭非正規職支会のオ·スイル組合員も含まれている。 [写真=旭非正規職支会]

▲2017年5月29日に出版した『野花、工業団地に咲く』、旭非正規職支会著、図書出版ハンティジェ

▲2017年5月29日に亀尾旭硝子立てこもり会場前でブックコンサートを行った。

▲2017年6月1日、旭非正規職支会は民主党慶尚北道党に間接雇用問題の解決を促した。

▲2017年7月21日、亀尾参加連帯など6つの市民団体は、大邱地方検察庁金泉(キムチョン)支庁前で記者会見を開き、旭硝子に対する不当労働行為捜査結果の公開を求めた。 [写真=欧米参加連帯提供]

▲2017年8月29日、亀尾旭硝子非正規職解雇労働者らが大邱地方検察庁前で座り込みを始めた。

▲2017年8月29日、亀尾旭硝子非正規職解雇労働者らが大邱地方検察庁前で座り込みを始めた。

▲2017年9月15日、旭硝子の解雇労働者らは東大邱駅前の現場労働庁に来たキム·ヨンジュ労働部長官に苦情を申し立てた。

▲2017年10月24日、旭硝子の立てこもりテントを訪れた魯会燦(ノ·フェチャン)議員(写真=魯会燦議員室)

▲2017年11月1日、旭非正規職労働者らは大邱地方雇用労働庁前で直接雇用命令の履行を促した。

▲2017年11月4日、慶尚北道慶山市(キョンサンプクト·キョンサンシ)のクルミ本屋で開かれたブックコンサートに出席したナム·ギウン氏、チャ・ホノ労組支会長、アン·ジンソク代議員、オ·スイル副会長が慶山に集まり、市民と会った。 写真はナム·ギウン組合員。

▲2017年11月4日、慶尚北道慶山市(キョンサンプクト·キョンサンシ)のクルミ本屋で開かれたブックコンサートに出席したナム·ギウン氏、チャ・ホノ労組支会長、アン·ジンソク代議員、オ·スイル副会長が慶山に集まり、市民と会った。

▲2017年11月6日午前、金属労組旭非正規職支会は労働部是正指示の履行を要求して出勤したが、会社側は「法的手続きが終わっていない」として労働者の出入りを阻止した。

▲2017年11月6日、旭硝子工場入口に労組が掲げられた横断幕。

▲2017年11月9日、金属労組旭非正規職支会が不法派遣と不当労働行為事件に対する速やかな起訴を検察に促した。

▲2017年12月28日、大邱キリスト教教会協議会人権宣教委は2旭硝子非正規職解雇労働者に9回人権賞を授与した。

▲2017年12月28日、チャ・ホノ金属労組亀尾支部旭硝子非正規職支会長が受賞の感想を伝えている。

▲2018年1月9日、チャ・ホノ金属労組旭非正規職支会長が旭硝子の不法派遣、不当労働行為に無嫌疑処分した大邱地方検察庁金泉支庁の金ドヒョン検事を職権乱用の疑いで告訴した。

▲2018年1月9日、民主労総亀尾支部などは大邱地方検察庁前で検察糾弾の記者会見を開いた。

▲2018年1月12日、寿城区役所が強制撤去を通じて大邱地方検察庁入口前の歩道に設置された旭硝子非正規職労働者の座り込み現場を強制撤去した。 [写真=金属労組旭非正規職支会提供]

▲2018年1月14日夕方、旭非正規職会が大邱地検前に再び設置した。 [写真=旭非正規職支会]

▲2018年1月31日、金属労組組合員など200人余りが旭硝子の平野武代表取締役を含む13人に対する不法派遣·不当労働行為を不起訴処分とした検察に抗議書簡を伝達するため、大邱地方検察庁前で座り込みを行った。 チャ・ホノ金属労組旭非正規職支会長が大邱(テグ)地方検察庁前で、盧承権(ノ·スングォン)地検長に抗議書簡を渡すと言っている。

▲2018年1月31日200人余りは金属労組が主催した旭無嫌疑処分検奪糾弾集会に参加した後、大邱地方検察庁前に移動した。

▲2018年1月31日午後5時20分に閉店した大邱地方検察庁舎

▲2018年1月31日シャッターが下ろされた大邱地方検察庁。 旭硝子

非正規職の解雇労働者らは地検長に抗議書簡の伝達を要求したが、検察はこれを受け入れなかった。

▲2018年1月31日、検察に抗議書簡を出しに行く金属労組の組合員たち。

▲18年3月7日、解雇問題解決のため、日本の旭硝子本社を訪問した南基雄(ナム·ギウン、中央)、張明珠(チャン·ミョンジュ、右)氏。

▲2018年3月7日、旭硝子日本本社に抗議訪問したナム·ギウンさん。

▲2018年3月7日、亀尾の旭硝子解雇労働者と日本の労組員が、日本の国会議事堂前で旭硝子解雇問題の解決を求める集会を開いた。

▲2018年3月7日 日本旭硝子本社

▲2018年3月9日、旭硝子千葉工場労働組合のオフィスを訪れたナム·ギウンさん。 事前に連絡を取ったが、ドアは閉ざされていた。

▲2018年3月 千葉県の旭硝子工場

▲2018年3月に動労千葉労組と夕食を共にする旭硝子の解雇者たち

▲2018年3月22日午前10時、亀尾市役所で旭硝子の解雇者が記者会見を開いた。

▲2018年4月20日午前11時、旭硝子の非正規職労働者が大邱高等検察庁前で記者会見を開き、不法派遣·不当労働行為に対する早い起訴を求めた。

▲2018年5月28日、労働者地位確認訴訟の現場検証のため、3年ぶりに亀尾旭硝子工場に入る非正規職解雇労働者たち。

▲2018年5月25日、旭非正規職支会が主催した労働政策懇談会に、張世龍(チャン·セヨン)民主党亀尾市長候補を含む地方選挙出馬者が出席した。

▲2018年11月5日午後2時、旭非正規職労組が大邱地方検察庁前にテントを設置している。

▲2018年12月27日午後1時ごろ、金属労組旭非正規職支会の組合員11人は、大邱地方検察庁1階ロビーに集まり、朴地検長との面談を要請し、座り込んでいる。 [写真=金属労組旭非正規職会提供]

▲2018年11月27日午後7時52分頃、警察が大邱地検1階ロビーで地検長との面談を要求し、座り込みをしていた労働者11人を退去拒否の容疑で現場から連行した。

▲2018年12月27日午後1時ごろ、金属労組旭非正規職支会の組合員11人は、大邱地方検察庁1階ロビーに集まり、朴地検長との面談を要請し、座り込んでいる。

▲2019年1月22日、金属労組旭非正規職支会は大邱地検前で座り込みに突入した。

▲2019年3月6日、張世龍亀尾市長の記者会見場には、旭硝子の非正規職解雇労働者も出席した。

▲2019年3月28日、旭硝子の非正規職解雇労働者が東京の旭硝子株主総会前で旭硝子の違法派遣起訴の事実を伝えている。 (写真提供=旭硝子支会)

▲2019年3月28日、旭硝子の非正規職解雇労働者が東京の旭硝子株主総会前で旭硝子の違法派遣起訴の事実を伝えている。 (写真提供=旭硝子支会)

▲2019年4月10日、大邱地裁金泉支院で旭硝子被告らに対する不法派遣の初公判が行われた。 解雇労働者12人を含む労組員40人余りも傍聴した。

▲2018年4月10日、大邱地裁金泉支院で旭硝子被告らに対する不法派遣の初公判が行われた。 会社代理人として出席したキム·ジェグン取締役は取材陣の質問に「原納猛元代表が退社したと聞いている」という言葉だけを残して帰った。

▲2019年6月7日、金属労組旭非正規職支会は不法派遣の疑いで起訴された旭硝子を厳重処罰してほしいという嘆願書を出した。 [写真=金属労組旭非正規職支会提供]

▲2019年6オル19日午後4時、亀尾市山東面旭硝子工場前で行われた決起大会

▲2019年6オル19日午後4時、亀尾市山東面旭硝子工場前で行われた決起大会

▲2019年6月22日、キム·ミスクさん、旭硝子解雇者、堤川ガンジー学校の学生らが22日、懇談会を開いた。

▲2019年6月19日 亀尾市山東面 旭硝子工場前

▲2019年6月19日 亀尾市山東面 旭硝子工場前

▲2019年8月20日、「非正規職はもうやめて、1100万人の非正規職共同闘争」、金属労組はソウル鍾路区の平和少女像の前で記者会見を開き、旭硝子の労働弾圧を糾弾した。

▲2019年8月23日、旭硝子非正規職の解雇労働者が労働者の地位確認訴訟で勝訴し、喜んでいる。

▲2020年1月、張世龍亀尾市長は2泊3日の日程で東京の旭硝子と東レ本社を訪問した。 張市長は日本を訪問中の16日、SNSを通じて「亀尾に投資しているAGCと東レ本社を訪問しました。 代表と役員に会って、亀尾投資にお礼を述べ、追加投資を要請しました。 しっかり仕上げて帰ります」という書き込みもした。 [写真=グミシ]

▲2020年5月13日~12日午後5時、大邱市中区の大劇場でキム·サンペ監督の映画『あなたはクモを見たことがありますか』の試写会が開かれた。 映画の主人公は、慶尚北道亀尾(キョンサンブクド·クミ)の旭硝子非正規職解雇労働者23人だ。 ●左からキム·サンペ監督、金属労組·旭非正規職支会長

▲2021年6月24日~24日午前11時、民主労総亀尾支部、金属労組亀尾支部と旭非正規職支会は、大邱地方裁判所金泉支院の前で旭硝子厳重処罰要求記者会見を開いた。 (写真提供=金属労組旭硝子支会)

▲2021年7月17日、亀尾旭硝子工場前で解雇6周年決意大会が開かれた。

▲▲2021年7月17日、亀尾旭硝子工場前で解雇6周年決意大会が開かれた。 亀尾·旭硝子工場の正門にステッカーが貼られた。

▲2021年8月11日、旭硝子派遣法違反の懲役刑判決後、抱擁した解雇者たち

▲2021年8月11日、旭硝子の解雇者が旭硝子派遣法違反の判決後に記者会見を開いた。

千容吉(チョン·ヨンギル記者

droadb@newsmin.co.kr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です