金属労組非正規職支会が中央労働委員会に集団調停申請


旭非正規職支会チャホノ支会長のフェイスブックの投稿をシェアします。日本にいる私たちがどんな連帯ができるのか、今一度考えよう。
===
先月22日、旭硝子に交渉要請の公文書を送った。 数日後、返事が来た。
当社は、旭非正規支会といかなる雇用関係にもなく、団体交渉の当事者地位にはおりません。
答えは簡単だった。

5月20日、我々は交渉を拒否する金属労組の9つの事業所を相手に、中央労働委員会に集団調停申請を行った。 籠城を始めた 毎日宣伝戦をし、元請直接交渉の義務理由を知らせた。 昨日、10日間の調整期間が終わり、結果が出た。 中労委は”調整対象ではない”として資本家に軍配を上げた。

3回の調停会議を行った。 旭は”キム·アンド·チャン”が出た。 ポスコと現代自動車のマンチーム長、韓国GMは次長が出席した。 大半が法律代理人が出席した。 彼らの答弁は送られた公文書と変わらなかった。 内容だけ単純なものではなく、言葉も短かった。
“黙示的勤労契約関係ではないから..”

最後の調整会議で公益委員の質問ですでに結果は明らかになっている。 元請を相手に交渉しなければならない正確な根拠がほしい”と述べた。 “あとどれくらい証拠が必要ですか”と聞き返した. –9つの事業場のうち7つの事業所がすでに正規職だと数十回の司法判決を受けたが…。 どんな証拠がもっと必要なのか。

彼らは国会で解決しなければならない問題とも話した。 法を変えれば済む問題であることを、誰も知らないだろう。 –すべての制度が私たちの権利を妨げているが…。 味方はない 労組する権利と死なずに働く権利を勝ち取るためには、ただ非正規職労働者が団結して戦うしかない。 団結と闘争が必要である。

13日間の短い闘争だが、資本は直接乗り出さなかった。 依然として資本を守る壁は強固だ。 今回の闘争を通じて、もう一度行政機関の態度を確認した。 闘争の方向について考えるきっかけにもなった。 非正規職の同志たちと共同議題を作って一緒に戦うことができて楽しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です