22人の組合員の血の涙で勝ち取った有罪判決!今こそ、解決を!9・4旭非正規職支会支援共闘集会へ!

 旭非正規職支会支援共闘会議は2018年5月に結成をしました。それから3年3カ月あまり。この間の旭非正規職支会の闘いは驚きと感動の連続でした。

 そしてついに2021年8月11日、韓国大邱地方法院は、AGC韓国の当時の社長・原納猛に対して、懲役6カ月の有罪判決を下しました。(法人に対しても1500万ウォンの罰金刑の有罪。)

 先行する地位確認訴訟での勝利を含め、組合員全員の正規職としての職場復帰に大きな山場を迎えています。

 しかしながら、AGC旭硝子は、控訴をして、支援共闘会議の申入れに対して「AGC韓国が適切に対応している、本社がコメントする立場にはない」と対応拒否を続けています。

 私たち日本の旭非正規職支会支援共闘会議は、新型コロナウイルスのパンデミックという事態の中で、今一度多くの力を結集して、勝利への道をともにこじあけていきたいと思います。下記の、集会を成功させたいと思います。みなさんの結集を心からお願いいたします。

集会名称

22人の組合員の血の涙で勝ち取った有罪判決!今こそ、解決を!9・4旭非正規職支会支援共闘集会

日時 2021年9月4日(土) 午後2時開始(午後1時30分開場)

場所 文京区民センター2階 2-A

※オンラインで韓国の旭非正規職支会とつなぎ、発言をお願いしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です