MBCニュース『「文字一つで解雇」旭非正規労働者らが7年間立っている会社前のテント』

MBCニュース

「文字一つで解雇」旭非正規労働者らが7年間立っている会社前のテント

前社長に懲役刑が言い渡されたが、会社控訴により裁判は進行中

7年前、文字一つで解雇された欧米の旭硝子工場の労働者たち。

今は会社名がAGCファインテクノに変わりましたが、この工場の前には、7年間テントが張られています。

「7年前にここで解雇された非正規職労働者たちの座り込みろう城です。

これまで裁判所が、会社に彼らを直接雇用せよという判決を下し、不法派遣で前社長に懲役刑が言い渡されたが、会社が控訴し、裁判は依然として進行中です。

職場に戻る希望を抱いて長期闘争を続けている旭非正規職の労働者たちに、ド・コンヒョプ記者が会いました。

◀記者▶

テントでの座り込みを、アサヒ非正規職支会の組合員イ·ヨンミンさんとチャ·ホンホ支会長が守っています。

座り込みの壁には、全国各地から応援のキャッチコピーが貼ってあります。

2015年にメール一つで解雇されてから7年目、178人の社内下請労働者のうち22人は依然として会社を相手取って復職を要求し法廷闘争を繰り広げています。

財政事業と全国各地から集まった後援金を合わせて、1ヵ月百万ウォンの生計費として今まで耐えてきました。

◀イ·ヨンミン/朝日非正規雇用支会組合員▶

「僕たちより行ったらもっと大変なところも 見えたりするんですが、僕たちに またこういう力をくれるお話も」

その間、会社を相手取った2件の訴訟1審で裁判所は解雇者たちの手をあげてくれました。

労働者の地位確認訴訟では、「元請の旭硝子は、解雇者を直接雇用せよと言いました。

解雇者の告発で始まった派遣法違反の刑事訴訟では、6年後の2021年、前任の日本人社長と下請会社の社長に懲役刑が宣告されました。

しかし、会社側が判決を不服として抗訴したため、裁判は続いています。

未払い賃金54億ウォンを要求して起こした損害賠償訴訟は3年目の2月10日、1審の判決を控えています。

最高裁判所まで行けばどのくらいもっとかかるか分かりません。

会社側の法律代理人は、韓国最大法務法人キムアンドチャンです。

◀チャ·ホンホ/朝日非正規雇用支会長▶

「裁判を最大限迅速に進めるのが私は基本だと思います。 迅速かつ公正に。 これが司法府の基本的な役割でもあります。 長く引きずっていくことは結局は被害者たちだけをもっと苦しめることになると思います。”

ただ昔のように平凡な日常を取り戻してもらいたいというのが彼らの唯一の切実な望みです」

◀イ·ヨンミン/朝日非正規雇用支会組合員▶

「ずっと同じ考えだから、一度出勤してみよう。 まだ僕ら···。 メール解雇された日···。 まだ社員証を持っています。 社員証を持って見せながら入りたいです。”

MBCニュースもコンヒョプです。 (映像取材:イ·スンジュン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。