「AGC韓国から撤退」なるデマ報道!

9月11日、韓国の『毎日経済』がAGCが韓国から撤退すると報道し、その記事をもとに時事通信が日本で報道しています。

これは悪意に満ちた、デマ報道です。韓国『毎日経済』は旭支会に電話で取材もしていて、事情は説明を受けていたにもかかわらず、あえてこういうデマ報道を流しました。

理由は明らかだと考えます。

韓国では今、旭非正規職支会を先頭にして、次々と非正規労働者が労働組合のもとに不法な雇用、不法な解雇をやめよと、すさまじい闘いに入っています。

とりわけ高速道路料金収受員の1500人の非正規労働者(多くが50歳をこえた女性労働者)が、不法に解雇、下請け会社に転籍されるという事態に対して、旭硝子のある亀尾(クミ)市の隣の金泉(キムチョン)市では会社に4昼夜ろう城占拠して実力で闘っています。それは裁判に勝利した300人ではなく、1500人全員の正社員化を実現しろという実力のすばらしい闘いに発展しているのです。

韓国の非正規労働者が激しくすばらしい団結を発展させる中で、どんなに闘っても勝てないんだ、旭非正規支会でさえ勝てないんだというデマをあおっているのです。

私たちはこのようなデマを絶対に許しません。日本から必ず旭非正規職支会の職場復帰を勝ち取り、韓国の非正規労働者の非正規職撤廃に連帯し団結できる闘いをつくり出す決意です。

チャホノ支会長のフェイスブックの投稿より。「金泉、道路公社本社の座り込み3日目(9/11)、警察と警備は未明から強制鎮圧を準備しています。 近いうちに強制鎮圧をするでしょう。 トールゲート同志たちは現在約250人程度、多くの女性たちであり、50歳以上です。 国家公権力の暴力を私どもが勝つことはできないが, 力の限り闘争するでしょう. むしろ闘争過程で国家権力と駆使隊を敗北者にし、トールゲート労働者たちが勝利者になるでしょう。 「釈放者たちと外で闘争する同志たちと一緒に戦列を整備し、引き続き闘争します。 写真と映像は11日午前、座り込み現場で連行と関連した教育、連行市の調査への対応、以後の闘争を決議する教育を進めています。 「同志たち、一緒にしてください。
労働者が勝利する歴史を作っていきましょう。

以下は、旭支会の声明。

毎日経済は労組嫌悪と恐怖捏造を中断しろ!

毎日経済が単独報道だとして、特筆大書した〔日、旭硝子韓国から電撃撤収〕記事は、典型的な報道操作だ。すでに2015年閉鎖した旭硝子PDP工場撤収をまるで旭硝子全体が撤収するかのように詐欺を働く行為だ。

PDP事業とLCD事業は分離されている。‘旭PDグラス韓国’は2014年年末にすでに生産稼働を中断した。非正規職労働組合は2015年6月に作った。まるで労使問題が影響を与えたものとして追い立てる記事だ。毎日経済は悪質で歪んだ報道を中断しろ。

毎日経済の意図は、ありもしない資本撤収の恐怖をでっちあげ、その責任を労組に被せようとするものだ。悪辣で卑劣だ。旭非正規職支会と事前インタビューまで下にもかかわらず、こういう記事を堂々と記事にすることだけを見ても、悪意性は言うまでもない。

非正規職労働者の心情に刀を突き刺した典型的な悪質報道だ。旭非正規職支会は、事実を完全に歪曲した報道の捏造の責任を徹底して問う。毎日経済は戦犯企業、労組弾圧企業を代弁する報道操作を中断しろ。

2019.9.11

旭非正規職支会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(ニュース民 2019.09.11)

“旭硝子韓国撤収事実ではない”2015年生産中断したPDP工場だけ整理

日本系列硝子製造会社旭硝子が韓国から撤収するという報道は事実ではない者として確認された。

<毎日経済>は11日報道(‘日、旭硝子韓国から電撃撤収)で「表面的にはPDP(プラズマディスプレーパネル)ガラス基板販売不振によって韓国事業を畳んだが、最近韓日葛藤と労使問題も影響を与えたものとして伝えられた」と報道した。

しかし慶尚北道によれば、旭硝子全体ではなく、2015年から生産を中断したPDP分野工場だけ撤収する計画として確認された。

慶尚北道投資誘致室関係者は、「市場状況がよくなく、PDPを作る工場が数年前から事業を中断し、別な品目にしようとしたが、うまくいかなかった。来年1月工場敷地賃貸期間更新を前に今年6月撤収するという要請が来た」とし、「残りの賃貸敷地工場と自社の敷地の工場はそのままある。韓日関係が理由という内容は事実ではない」と話した。

旭硝子は韓国で法人が3か所に投資し、大株主として工場を運営している。PDPを生産した‘旭PDグラス韓国’であり、‘韓国テクノグラス’とLCDを生産する‘AGCファインテクノ韓国’がある。LCD分野を担当する‘AGCファインテクノ韓国は工場を継続して稼働している。

金属労組旭硝子非正規職支会は声明を出し「PDP事業とLCD事業は分離されている。‘旭PDグラス韓国’は2014年年末にすでに生産稼働を中断した。非正規職労働組合は2015年6月に作った。まるで労使問題が影響を与えたかのように追い立てる記事」とし「毎日経済は戦犯企業、労組弾圧企業を代弁する報道操作を中断しろ」と明らかにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。