AGC株主総会抗議行動でのチャホノ支会長のオンライン・アピール

2022年3月30日、午前10時から、皇居前の東京會舘において第97回AGC株主総会が開催された。会場前には旭非正規職支会支援共闘会議や韓国サンケン労組を支援する会の仲間たち30数名が結集して、宣伝カーを使った抗議・宣伝戦が繰り広げられた。

この場で、韓国から旭非正規職支会チャホノ支会長とオンラインでつなぎ、アピールをしてもらった。この堂々たるアピールを紹介する。

 旭非正規職支会・チャホノ支会長アピール

 旭非正規職支会支会長チャホノです。日本の同志たち、おはようございます。

 昨年に続いて今年も旭硝子(AGC)株主総会に対応し、株主総会会場前で行動していただきありがとうございます。

 旭非正規職職支会は、旭闘争にいつも共に闘ってくれる同志たちがいて8年目の闘いを続けることができています。同志たちが共に闘ってくれるのでうれしく思います。

 AGCは犯罪企業であり、不法企業です。

 AGCは、韓国工場の不法行為が認められ、不法行為が明らかになっても未だに否定しています。AGC資本は、長い間派遣法に違反する不法行為を犯しました。

 韓国労働部は旭硝子のAGCの派遣法違反について行政命令まで出しました。

 裁判所も民事裁判におけるAGCの派遣法違反が明らかになり、解雇された非正規職労働者を正規職として雇用しろという判決を出しました。

 刑事裁判ではAGCファインテクノ韓国の元社長に懲役刑の判決を出しました。

 AGCの犯罪行為は明白です。AGCは不法行為を犯したのならそれに対して答えなければなりません。何の言及もありません。AGC資本は一言も発することなく沈黙しています。

 AGCは昨年、自分たちの不法行為を解決するために私たちに初めて提案してきました。解雇者22名を雇用するとすべきにもかかわらず、私を除外し、代わりに慰労金を出すという提案でした。

 22名全員断固として拒否しました。私たちは誰かを除外して合意することはできません。それが民主労組の基本精神です。

 AGCは私たちを分裂させようとしました。しかし、民主労組はそのように簡単に分裂などしません。AGCは未だに旭非正規職支会をよくわかっていません。そして自分たちが何を間違ったのか、わかっていません。どう責任取るのかもわかっていません。

 AGC闘争は、ここに来て慰労金を出し、一部雇用すると言っても闘いは終わりません。AGC闘争はAGC資本が合意しようとすれば終わるというものではありません。AGC闘争は私たちの意志によって終わるのです。

 長期に闘っているからといって簡単に合意できると思ったら大間違いです。

 旭非正規職労働者は7年前に労働組合を初めてつくった時の純真だった労働者ではありません。7年の闘いは私たちを団結させ、私たちははるかに堂々としています。私たちはどう団結するのか、どう闘うのかを学びました。

 AGC闘争は毎日毎日新しい歴史をつくっています。検察との闘い、非正規職労働者との共同闘争などは、民主労組の新しい道をつくっています。

 AGC闘争は韓国で多くの同志たちが支持し共に闘っています。

 必ず勝利する以外ない闘いです。

 

 同志の皆さん、AGC闘争を通して民主労組の力をみせてやります。

 少数でも民主労組の団結と階級的連帯の力がどれほど強いものかを見せてやります。

 同志たちと共に堂々と勝利します。

 同志の皆さん、共に闘ってくれてありがとうございます。トゥジェン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。